FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ボブ君の一日

ボブ「おっはよーございまーす
早朝、6時半、ボブ君がRT科に元気にはいってきました。

ロバート「ハーイ、ボブ
リサ「元気ぃ

今日は新人のボブ君(仮名)一日を追ってうちの病院のお仕事を紹介しますね。

うちの病院は比較的小さな50床程度の呼吸器専門病院。
急性期と慢性期の間でウィーニング病院って感じの位置づけです。

今回主役のボブ君は新卒でこの病院にきて2ヶ月くらい。ちょいとルーチンが慣れたくらいです。白人、金髪、ちょっと抜けるところもありますが、元気のいい24歳の男の子。


ボブ「今日は7人の患者さんね。4人が人工呼吸の患者さんかぁ。この患者さんを担当していた方、申し送りお願いしま~す

日勤では6~7人のRTがいます。ボブ君はその一人。

ボブ「よし、患者さんにあまり変化はないみたいだな。よし急いで薬をとりにいこうっと

まず、最初の仕事は気管支拡張剤のネブライザー投与。
朝一は時間がないのでみんな急ぎます。

一人目の患者さんの部屋に入ったボブ君。

ボブ「うん、人工呼吸器動作OK、モニタリング値良好、努力呼吸もないねえーと、肺の音は・・・あ~、ぐぅーぐぅーいっているよサクションサクション。お~、けっこうひけるねぇ。ではネブライザーをセットして・・」

こんな感じで7人の患者さんをチェックし、投薬。

気がつけばあっという間に8時半。ざっとカルテに新たなオーダーがないかチェックして次の仕事はウィーニング

ボブ「あ~、今日は○○さんのウィーニングの日だったプロトコールをチェックして・・・バイタルOK、熱も範囲内ではPS(プレッシャーサポート)を2cmH2O下げて、5分間観察して・・・」

この病院ではTIPSと呼ばれるプロトコールに従ってウィーニングされます。そして・・・

ボブ「ふぅ~、なんとか落ち着いた・・ってもう9時じゃん次の人工呼吸器チェックの時間だよ~。」

当院は2時間おきの人工呼吸器チェックです。他の病院は3~4時間おきみたいですけどね。

それでも朝のドタバタが過ぎれば結構落ち着きます。
2時間おきの人工呼吸器チェックと4時間や6時間おきの投薬のみです。
何もなければ・・・・ね。

ナース1「先生がRT呼んでって
ナース2「ECGと血液ガスのオーダー入ったよ。」
ナース3「211号室の患者さんのSPO2下がってきました

ボブ「おぉ~~~、間に合わないよ~

ってなることもたまにあります。

これらを何とかこなし、17時~18時に気管切開患者さんのガーゼ交換と内筒を交換して終了。



いかがでしたでしょうか?多少省いてはいますが、当院の仕事を流れを書きました。ボブ君、お疲れ様でした。

コメント

すごいですね~

仕事は、その専門の人が、責任を持ってやる!というのが、アメリカ式医療なんでしょうね~。
日本だと、間違いなく、Nsがやるように言われるでしょう。現に、うちの病院はそうでした・・・。
ウィーニングは、指示書みたいなものがありましたが、いつも本当にドキドキで、Drに「出来るだけ、ここにいて!」とお願いしてる始末でした(笑)


いろんな人が一人の患者さんに関わる・・・
一人の患者さんを、いろんな人がそれぞれの視点で、多角的に判断できる・・・
とても、いいことだな~と思います。
チームワークが大事になってくるんでしょうね~。

>まいさん
アメリカは専門職の種類が多いですね~。
医療現場の人たちだけでなく、管理側もなんとかコーディネーターというポジションの人がたくさんいるみたいです。

いろんな資格の人が集まって多角的に判断できるような現場はアメリカでも多くないような印象ですが、そうなっていけば患者さんには一番ですね。

あっ、もしかしてお気づきかもしれませんが、最近宣伝関連のコメントが増えてしまっています。この記事もターゲットになってしまったために、この記事のみコメント禁止にするかもしれません。そうすると過去のコメントも消えてしまうようです。
もしコメントが消えてしまっていたらそういった理由のためです。どうか気を悪くされないでくださいね。
何かいい対策をみつけねば・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/97-3e6740b5


Powered by FC2 Blog