FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


あ~、しばらくこのシリーズさぼってました。。
思いつきですいませんが、時々、掲示板等で見かけるACとSIMVに違いについてみてみますね。

ご存知のようにこれらはモードです。
で、何が違うねんって
まぁまぁ、落ち着いてください。

まずは設定する項目をみてみましょう。
VCV(従量式)で主な項目を比べてみましょう
(わかりやすさのため細かい設定は省いています)

AC:FiO2、一回換気量、呼吸回数、PEEP
SIMV:FiO2、一回換気量、呼吸回数、PEEP、PS

おぉ~、明確な違いみっけ~。
SIMVの方にはPS(プレッシャーサポート)があるぞ~。

はい、これがポイントです。

SIMVでは設定された呼吸回数よりも多く、患者さんが呼吸した場合はPSで補助されます。

つまりこんな感じです

SIMV 設定呼吸回数10回
患者さんが12回呼吸している場合。

10回は設定された一回換気量(例:500ml)
残りの2回はPSで補助。


では、ACと比べてみると

AC 設定回数10回
患者さんが12回呼吸している場合。

10回は設定された一回換気量(例:500ml)
残りの2回も設定された一回換気量。

そうなんです。
ACでは設定呼吸回数に関係なく患者さんが呼吸した分だけ一回換気量が送られます。

これがACとSIMVの違いです。
ポイントはPSの有無ということですね。

コメント

お久しぶりです。就職おめでとうございます!自分のことでばたばた忙しくしていて久しぶりにここにお邪魔しました。ちょうどさっきレポートにまとめた内容と同じようなことがここに書かれてあって、提出する前に見ておけばよかった・・
いつも参考になることが書かれてあってありがたいです♪お仕事頑張ってください。

yukoさん
ひさしぶりですね。やっぱり忙しいようですね。
私も慣れない仕事や勤務体系でばたばたです。
そうそう、ずっと前に話していたこれからの道についてですが、これまた不確かな情報ですが、調査する価値のあるようなことを思い出しました。
また時間をみつけてミクシーの方にメールしておきますね。

呼吸器

こうやって、りょうさんみたいに分かりやすく教えてくれる人が、
うちの病院にいたら・・・
スタッフは呼吸器恐怖症に、ならなかっただろうな~。
先日、(数日前です)CPAPが、自発モードでPEEPをかけている状態とイコールではないことを知りました・・・
こんなんで、Maiは、3年半やってたんだもんな・・・
頑張って勉強なくちゃ・・・。


>Maiさん
呼吸器が苦手というナースの方は多いかもしれませんね。やっぱり少しやっかいな機器なので。。

ちなみにCPAPと自発モード+PEEPは、私は同じものだと説明します。まぁ、CPAPはモードの名称ということになりますが。。メーカーによって名称がいろいろですね。もしよかったらどんな違いがあるという説明を受けたか教えてもらえませんか?

説明と言うほどのものではないんですが、
CPAPの定義は、強制換気なしの自発呼吸だけの状態で、全過程を通して、気道内圧が陽圧であるということなんですよね??
PEEPかかってても、気道内圧が下がることも、あるから・・・??というような理由だったと思います。

「自発モードでPEEP5です。」って、申し送った方が、的確じゃないか?と言われました。

機種によっては、CPAPモードで、PEEPを0にもできるので、あれは、CPAP?それとも、単なる自発?考え出すと、頭がグルグルします(笑)

>Maiさん
早速のご返事をありがとうございます。
なるほど、察するに表現のちがいのようですね。
メーカーによってもばらばらですので世界的標準の表現はないように思います。

どちらも間違いじゃないですね。基本はその病院の表現方法に従いますが、もし私が院内で表現を統一するように言われたら機器で使用されているモードに従って申し送りします。その方が多くの方に混乱が生じないように思えるので・・。

例えばPB840なら自発モードでPEEP。 7200ならCPAPと表現すると思います。でもどちらも理解できていれば問題ないでしょうね^^

CPAPの定義の件は基本的にはそれでいいと思います。自発モードでPEEPをかけても基本動作は同じになりますね。

頭がグルグル(笑)で大変ですが、世界標準の表現がないぐらいですのであまり神経質にならなくていいと思います^^

CPAP

りょうさん、ありがとうございます★
CPAPの定義が、ようやくすっきり♪
頭がクリアになりました♪
Don’t think too much!ですね。
最近、よく言われます(笑)

Maiの働いていた病院には、10種類ほどレスピがありました。
でも、正直、全てを使いこなせるDrは少なくて、(ゴメンネ先生。)
レスピの導入時は、MEさんも立ち会ってくれました(笑)
Drより、よっぽど、頼りになるMEさんたち。
うちの病院にも、呼吸療法士さんがいたらな~。
もっと、患者さんに優しい呼吸管理が出来てただろうな・・・

Maiさん
AARCから今帰ってきました。
10種類の呼吸器とはすごい数ですね。
そこまで来ると専門の人が不可欠になりますね。
そういえば前の病院では毎回同じ呼吸器を依頼してくる医師がいました。
使い慣れているという理由なのですが・・^^;

またいつでも遊びにきてくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/88-d19f7f74


Powered by FC2 Blog