FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


今日は透析を担当しているRN(registered nurse:正看護師)と話す機会があったのでアメリカのdialysis technician(透析技士??訳不明です。。)について聞きました

いい機会ですのでインターネット上で見つけた資料と合わせて、今回はdialysis technicianについて書きます


アメリカでは一定のトレーニングを受けたRNdialysis technicianが透析療法に従事します。

RNの資格をもっていればwork shop(勉強会?)や現場でのトレーニングを受けて働きます。

逆に何も資格のない状態からdialysis technicianになる場合についてはいまいちはっきりしないのですが、ネットには短大、専門学校もしくは現場トレーニングとあります。(リンク1、2参照)

これは州によっても違うようですね

今回会ったRNもそれについては定かではなく、「6ヶ月~ 1年くらいの学校じゃないの」って感じでした。

また、カリフォルニアでは、一定のトレーニングの後にdialysis technicianのための試験があります。(リンク2参照)

あと、そのRNの発言でおもしろいと思ったのが、dialysis technicianは病院では働くことはできずに透析センターのみだそうです。

RNのみが病院で透析を行うことができる。カリフォルニアの法律のようです。残念ながら裏付ける資料はなかったですけど。。。

最後に気になるdialysis technicianの給料は時給$10~13.5でスタートのようです。
そしてある一定の経験があれば$20とあります。(リンク2参照)


給料はメッチャ良いわけではないですが、もしアメリカに行って透析の仕事をしたいと思った場合は他の医療資格よりはもしかしたら簡単になれるかもしれませんね。


今回は呼吸分野から話がずれましたがdialysis technicianについてでした。


<参照>
リンク1 Delmar healthcare

リンク2 employment development department CA

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/87-3ef7ace8

医療資格医療資格一覧|医療資格に関する項目の一覧。

Powered by FC2 Blog