FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


どっちが危険?

さて、質問です。

ここに2人の人工呼吸器(VCV:従量式)で管理されている患者さんがいます。

1)体重300kg 気道内圧 45cmH2O
2)体重 60kg 気道内圧 45cmH2O

その他の設定等は同じだとします。

どちらの患者さんがVILI(人工呼吸による気胸などの肺障害)を起こす可能性が高いでしょうか

a) 1)の患者さん
b) 2)の患者さん
c) 同じ


今日はしばらく前に参加したCSRC(California society for respiratory care)で聞いた話を参考にして書きます。

正解はb)です。
1)の患者さんは肥満のために気道内圧が上がっています。
同じ気道内圧の上昇でもリスクは変わります。
全身状態についてはなんともいえませんが、VILIに関していえば2)の患者さんの方がリスキーです。

よく気道内圧がVILIのリスクとして挙げられますが、ほんとのリスクはどれだけ肺がストレッチしたかということ。

肥満などのために胸壁が広がらなければ高い気道内圧でも肺はそれほどストレッチしてないということ。

ちょっとややこしいですね。砕いてみます。

え~と、汚い話ですいませんが、ゲロ袋って覚えてますか

そうそう子供の頃、バスに乗る時にもたされた内側がナイロンで外が紙袋の2重構造にした袋。

それを膨らませてみてください。

では、次に難しい注文ですが、外の紙袋を瓶に変えた物を作ってください。中はナイロン袋のままです。

それも膨らませてください。まぁ、瓶なので膨らみませんが。。

同じ圧力で膨らませた場合は明らかにゲロ袋の中のナイロン袋がよりストレッチしてますね。

同じですね。
ナイロン=肺、紙袋または瓶=胸壁
としてます。

ということで胸壁が広がりにくい肥満の患者さんの圧はあがりやすいけどそれほど肺はストレッチしてないということになります。

腹臥位の患者さんもOP後に胸部を包帯でぐるぐる巻きにされた患者さんも同じことがいえますね

コメント


毎回、例えを良く考えているなあと関心しています。
今回の様な、物理的概念を表現するのは難しいですね。

しかし、まあ、今までにない、強烈な例えを使いましたね。

エチケット袋とせず、ゲロ袋と言うところがりょうさんらしくて、面白いです★

>かましくん
あ~、そっかぁ。
エチケット袋だったぁ笑

明らかにスラングやなぁと思ってたんよな。
親や先生はこんな表現しなかったなと。。

まぁ、間違いでないし、印象も強いということでこのままにしておこう★


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/76-ed3bb79f


Powered by FC2 Blog