FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


「この患者さんのFiO2 0.16です

こんな申し送りがありました。

大気の酸素濃度が 21%なのにこの患者さんの吸入酸素濃度は 16%

こんなことはあり得るのでしょうか

しかもどんな時にわざわざ酸素濃度をそこまで下げるの


初めて聞いた時は「え!?」と思いましたが聞けば納得です

それはNICUでの出来事でした。

つまり患者は新生児。そして疾患は心室中隔欠損。
心室にシャント(短絡)があるんですね。


ここでちょいと質問。

右室と左室、圧力が高いのはどっち

はい、正解左室です。

ということは血液の流れはこのシャントのために左室→右室へ流れます。

すると、どうなるでしょう

心臓からの血液が体の方にいかず、右室の方にたくさんいってしまいます。わぁ~、大変だぁ

ということで、少しでもそれを減らそう。

どうすれば


そうだ。右室の圧を上げればいいじゃないか

低酸素血症は肺血管を収縮させるからそれを利用しよう。

出口である肺血管が収縮すれば右室の圧は上がるじゃないか

ということでFiO2 を低くして低めのPaO2を保っています。

ちなみに私の見た症例はSpO2 80%前後で維持されてました。

あっ、あと、FiO2 0.16は窒素タンクと酸素濃度計でコントロールされてました。

コメント

ドキドキ

わぁ、こんな重大な申し送り緊張しませんか?v-12
一歩間違えると赤ちゃん、酸素不足になっちゃうんですよね。
でも、それが仕事ですもんね。

>ぱんださん
コメントをありがとうございます。
そうですね。RTの仕事は全部「呼吸」という生命に直結する重大な仕事ですね。
一歩間違えると大変なことになりますね。
私は実習生としてNICUに行っただけなので、実際のとこはなんとも言えませんが、特に赤ちゃんのケアを大変そうですね。

この前初めてNICUで赤ちゃんを見てびっくりしました・・。あんなにちっちゃい赤ちゃんが動いてて・・・。触るだけで壊れちゃいそうで怖いですね。日本での医学の知識がなく、こっちでクラスをとってしまっているので、理解して吸収するのに逆に時間がかかってしまいます。どんどん中途半端です。なのでいつもきれいに日本語にできるのすごいなあって尊敬します。

>ゆうこさん
臨床経験なしであの授業は私なら無理だったろうと思っています。それをこなしているゆうこさんこそ、すばらしいと思いますよ。
RT15が終われば大きな壁は終わったようなものです。臨床経験なしであの授業をこなせる英語力があれば実習でつまづくことはないでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/72-4ea3660a


Powered by FC2 Blog