FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


あ~行きたいこの学会

第29回日本呼吸療法医学会学術集会

プログラムを見ましたが、かなり興味をそそられました

特にオープニングのBiotrauma、世界の人工呼吸管理、 PAV、 Heliox。あ~ぜひ日本語でこういったのを聞きたかった。

よくみるとHelioxの講演をするのは、AARCで会ったDuke大学のRT。さすが~。

いい機会なのでHelioxについてざっとQ&A方式で書いておきます。


Helioxって何なん?
アメリカではヘリウムと酸素を混ぜたものが売られています。それがHelioxと呼ばれます。
(ごっついタンクに入っています)

英語でヘリウムはHelium。
酸素はoxygen。
それを交ぜたものがHeliox。
単純な名前のつけ方ですね(^^)

これを使う時はいつもヘリウムの方が濃度が高いのですが、そういう理由のためにヘリウムからの文字が多くなっているかどうかはわかりません。。


どんな患者さんに使うの?
実習病院でよく聞いたのが、抜管後に上気道狭窄がきつい患者によく使うと聞いてました。
あと、小児のクループとか喘息とかにも使われるようです。


なんでこういった患者さんに有効なの?
これが今回一番のポイントです。
まず、ヘリウムは空気より軽いのです。
手を離すとどんどん空に上がっていく風船見たことありますよね
あれはヘリウムが入っているんですね。
軽いからどんどんあがっていく。

そして軽いから吸いやすい。
世の中で一番吸いやすいものは空気ではないんですね。

上気道が狭窄している患者さんは息をするのがしんどい。
だからより軽いヘリウムをまぜて息をしやすくしてるんですね。

イメージがつきにくい人は、ストローの中ほどをつまんで(狭窄ね)、マックシェイクと水を吸いくらべてください。
どちらが吸いやすいですか
(ここでは、マックシェイク=空気、水=Helioxで例えています。)


では、今回は簡単にHelioxについて書きました。
ちなみにアメリカでも人工呼吸器の患者さんにHelioxを使うのはそれほどメジャーではないようです。

でも今回の講演は「人工呼吸器患者におけるHelioxの使用」です。あ~、行きたかった

講演を聞いた人はどんな内容だったかぜひ教えてくださいね

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/68-497fe1d9


Powered by FC2 Blog