FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


NO療法とGlenn shunt

「PICU(小児のICU)でNO(一酸化窒素)療法のオーダーがはいったよ」

お~今まで使っている最中は何度かみたけど、スタートから見るのは初めて。

セットアップをちょっと手伝っていざスタート

ちなみにNO療法とは肺高血圧の患者さん(特に新生児)に対してよく使われる療法。NOが肺の血管を選択的に拡張します。日本でもみれます。

今回の適応はなんだろう~ちょっとナースとドクターの話を立ち聞き
「血圧が低いからなんとかなんとか・・」
あんまりよく聞こえないなぁ。

思い切ってドクターに尋ねる。

医師「この患者はGlenn shuntがあってな。Glenn shuntとはなんとかなんとか・・・」

この時は全然わからなかったのですが、家に帰って調べるとhypoplastic left ventiricular(左心室低形成?)のOPの一つで、上大静脈から肺動脈へシャントを作る方法のようです・・。非常にややこしいです・・。

りょう「血圧を上がるのを期待してるのですよね?」

医師「うん、血圧上昇とHRダウンを期待しているよ。」

りょう「今回も肺高血圧症の適応と思っていました。」

医師「それもあるかもね。はっきりとはわからない。肺動脈を開いて前負荷が上がると考えているけど今回の例でうまくいく確信はないんだ。」


さて、数時間後、FiO2が0.4から 0.6に上がっていました。SPO2が下がったみたい。HRもBPも横ばいでした。

そのまま、実習時間終了となって帰ったけどどうなったんだろう~。
次に行った時にデータだけでも確認しなければ・・。

見慣れないNO療法、今回はGlenn shuntが絡み一段と理解しにくい症例でした

コメント

ども。ごぶさたです。

私の勤めている病院ではNICUでNOを使うのは
年間5例くらいかな??
新生児の肺低形成、横隔膜ヘルニアで使いますが、
アンマリ症例はないです。
ほとんどHFOで大丈夫です。
Fio2を60以上でも酸素化があんまりの時に使ってます。

小児、新生児の心臓外科をウチはやってないので、
解りませんが、右心系をバイパス(奇形で右心がない)
(左じゃないよね?)ので肺血管を広げて
抵抗を下げたいのかな??

さて、質問です。
アメリカではNOガスはどういった扱いですか?
日本は医療ガスではないので、保険適応ではないです。
病院の負担となると思います。
(あの工業用のショボイ機械はヒドイ)
また、アメリカでは肺移植や心肺同時移植も
多くやられていると思いますが、そういった場合も
使用されていると思われているがどうなんでしょうか?

続けてすいません。
不勉強で・・・
左心低形成症候群
(Hypoplastic Left Heart Syndrome : HLHS)

Norwood手術→Bidirectional Glenn手術もしくはHemi Fontan手術→Fontan手術と治療するそうです。

ネットでチョコット調べてみましたが、
心臓疾患の患児は全部、転院するので不勉強でした。
子供の手術をやってる心肺技士にまた聞いて
勉強しとかないけません。

偶然ですね。自分も今日実習先でNO療法の機械の説明を受けました。今回の実習先ではけっこう使っている所を見る機会があり、軽いチェック程度は以前からやらせてもらっていたのですが、きちんと説明を受けたのは今日が初めてでした。

>フジタさん
そしてさすがにNICU勤務ですね。勉強になります。
いろいろ教えて頂いてありがとうございます。

日本でNOを見たことなかったのですが、工業用の機械を使っているのですね。こちらではオメダの機械を使います。
http://www.ventworld.com/NF/productNews_sccm_02-00/story/ino.html

質問の件
1)保険がきくとは思いますが、念のため聞いてみます。
2)移植系では心臓移植後のPtのみ使用されているのを今まで見ました。右心不全になる傾向らしく、そういった場合に使用するとのことでした。肺、心肺についてはこれまた聞いてみますね。

>タイさん
この病院が3件目ですが、NOを実際にみれたのはこの病院が始めてだったのでちょっと喜んでいます。
いいですね、機器の説明。私もちゃんと受けてみたいところです。

週末勤務でNO療法を使っていた患者さんを担当していました。
大人で重度のARDSのためSPO2が80あたりから改善せず、最後の手段でHFOVとNOを組み合わせて管理してました。
NO導入後から急激にSPO2の改善が見られてビックリでしたよ。
ちなみにここの病院ではNOは一時間$125単位での請求だそうですよ・・・効果があるとはいえ請求書は恐ろしや~~~ですね。

ひえ~、それはしゃれにならない治療費ですね・・・。そこまで高いと保険がきかない場合はアウト(?)ですね。NOが保険適応か調査中ですが、もしTOMOEさん、ご存知でしたらぜひ教えてください。
また、ブログに近くUPするつもりですが、low cardiac outputの患者さんにNOを使用した興味深い症例も経験しました。
ちょうど学校でケーススタディがあるのでそちらでもプレゼンしようと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/53-ecd77801


Powered by FC2 Blog