プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「お~!、とうとう出た

今まで、ずっとクリアにならなかった成人ARDSに対するHFOVの有用性。

実は、留学中もAARC(米国呼吸療法学会)で議論がされたりしていて気になっていました。

それがとうとう出ました。

しかも、New England Journal of Medicineです。
(非常に掲載が困難だが、その分信頼性が高い雑誌)

さて結果は・・・

「成人における中等症〜重症のARDS患者においてHFOVは低一回換気療法、 高PEEPの人工呼吸と比較してより院内死亡率を減少させない, もしくは増加させるかもしれない

え?そうなん
結構なインパクトです。
オープンラングがそのまま否定されるわけではないですが、ある意味ちょっとショックです。

HFOVには結構関心があったのですが、これで使いづらくなってしまいました。


<参考文献>
N Engl J Med. 2013 Feb 28;368(9):795-805
N Engl J Med. 2013 Feb 28;368(9):806-13


コメント

自分も少し前にこのこと知りました。究極の肺保護なんて言っている方もいましたが原理から考えるとやはり成人には難しいのではと思ってました。どのような設定にしたかや、使用し始めの背景までは知りませんが個人的にはAPRVをやって難しければすぐにECMOかなと思ってます。うちはまだ使用し始めたばかりですが3症例いてうちお1人は元気に社会復帰されましたよ~

Re: タイトルなし

>ポパイさん
ここまでEvidenceがでるとそう思わざるをえないですね。医療は、特に集中治療は変化が早いですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/223-449a7c51


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。