プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早いものでもう年末です。
今年もまた大きな変化のあった年でした

さて、今回は前回少し出てきたPTP(pressure time product)に関してです。
実践できるかどうかは別として、面白い考え方なので、できるだけわかりやすく書いてみます。

これまで過去の記事で呼吸仕事量(WOB)に関して何度か書いてきました。
PTPもまた呼吸に必要な仕事を評価する一つの指標です。

「はい、吸って~」と息をする時、胸腔内圧が下がります。
ん?どのくらい深く下がったんだろう?
深く下げれば下げるほど大変そうです。

ん?どのくらいの時間下がったんだろう?
長く下げれば下げるほど大変そうです。

簡単に言ってしまえば、こういったことです。
どのくらい深く、そしてどのくらいの時間下がっていたか、これをグラフ化してその面積を計算したものがPTPです。

じゃあ、早速、胸腔内圧を測定しようか。
って現在は、胸腔内圧を直接測定できる方法がありません。
ですので食道内圧を測定して、胸腔内圧の代用とします。

その食道内圧のグラフィックがこちらです。
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、上から4番目のグラフでPesというのが食道内圧の波形です。
時々、へこんでいますよね?それは、吸気によって胸腔内圧が下がったことを示しています。
その吸気の際にへこんでいる面積がPTPなのですね。

じゃあ、食道内圧を測定しようか・
って実は、現時点では、日本においては測定する方法はありません。
海外ではそういった製品がでていますが、日本にはないです。
そういった意味で、今後でてくればより注目されるかもしれませんね。

<参考文献>
Intensivist 2012; 4: 779-787

コメント

IT探偵GODから一言

IT探偵GODです。参考になります。

20年弱前に廃れて使われなくなっていたけれど、RT100(だったよな)という呼吸仕事量を測定できる機器があって、それには食道バルーンで内圧を計測できたんだ。どこぞのRTが来日して「何故食道内圧を測らない?」と聴かれた際に、日本ではパラメディカルが留置することが出来ないと答えた過去がある。バルーンの留置に若干コツが必要だったが、結局侵襲性のある手技は別の代用出来るものに代わっていったと言って過言ではなくなった。
PTPは重要だけれど、P0.1も同じ様に何かを変えて改善させられなければ意味のない測定数値なんだよね。値を知ったところで全体の何%の医療従事者が改善させられるのか?改善させなければ意味がない数値だと思わない? 患者の状態が変化(改善)する際の証明であっても、待っているだけでは片手落ち。能動的に何かを行わなければいけないと思うのです。そのあたりはP0.1でもそうだった。離脱可否の指標だとか、状態を表現するだけだから・・・などと言って多くの人たちは何も改善させることをしなかったP0.1がPTPの過去と同じ道を歩んだような気がする。
数値を知ることは重要。しかしもっと大切なのは、そこから改善するために我々が何をするかだな。

>ももたろ・うさん
コメントをありがとうございます。おっしゃるように随分前は日本でも測定できたようですね。おそらくCP100のことかと思いますが、私自身は残念ながら見たことはありません。また数値を知ることもそうですが、それを改善させるために何をするかが重要ということに大いに賛成です。
ちなみにAARCでは食道内圧も少し話題になっていました。こちらも使用経験はないので使用してみたいです。

5月の山形、よろしく

んだ、思い出した。BicoreのCP100だ。
Globalレベルでは画像検索でヒットするね。
本体は購入してあったけれど、消耗品のバルーンが
高かったから後のバルーン購入は躊躇していた。
1994年で国内の文献があるね。

山形、こちらこそお願いします。

>ももたろ・うさん
すいません、更新できていなかったのでご返信が遅れました。
やっぱり消耗品のバルーンは高いのですね。おっしゃるように、日本の先生も研究されていたようで、この前のJSEPTICで話されていた先生もご自身のデータを提示されていました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/221-0a167752


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。