プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「どうしてまだウィーニングをするのでしょうか
(Why are we still weaning?)

こういった論文が米国の重鎮であるHess先生とMacIntyre先生によって書かれています。

実は、ウィーニング自体もなくなってきているのです。

ん?じゃあ、どうやって呼吸器をはずすの
ちょっとややこしそうですが、言葉の定義の問題です。

ウィーニングはしません、でも呼吸器の離脱はします。

どういうこと
ウィーニングとは、少しずつ呼吸器のサポートを下げていくことと定義されます。

最近の流れとしては、呼吸器離脱の際には、ACからSIMVやPSVを飛ばしてSBTを行う流れにあります。

つまり、徐々に下げることはしません。だからウィーニングではないのです。


雑誌INTENSIVISTの特集もウィーニングではなく、呼吸器離脱とありますね。
そういった理由ではないでしょうか?
(ちょうど数日前に発売されましたが、おもしろそうです。まだ全く読めていませんが・・)

ちなみにSBTを何度か試みてうまくいかない時は、ウィーニングに切り替えることもあります。
「この方はウィーニングが必要かもしれませんね。」
といった感じの会話になります。

<参考文献>
Am J Respir Crit Care Med. 2011;184:392-4

コメント

INTENSIVIST購入しましたよ~。かなり内容が濃いですね。ウィーニングという概念が以前からわかりずらい気がしてました。自分は呼吸器をつけたその瞬間から外すことを視野にいれてケアにあたっていますが科により違いがあるかもしれないですね。経験上、脳外科ではすぐにSBTに持っていきますが呼吸器内科ではかなり慎重に設定を変更していくことが多いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/217-4111acda


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。