FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


シンクロニー

お~、きれいにそろっているなぁ。
シンクロと言えば、シンクロナイズドスイミングを思い出すのは私だけでしょうか?

この競技のことを日本語に訳して同調水泳?という人はまずいないですね。うまく、言葉がひろまっています。

皆さんは、人工呼吸器でいう「同調してます」っていうのはどんな意味で使いますか

個人の経験上では、現場においては下記の二通りに使われているですね。

1)自発呼吸が無く、完全に人工呼吸器にのっているという意味
2)患者さんと呼吸器がうまくあっているという意味

これって大きな違いです。
「同調」という言葉が出てきたらいつもどちらの意味か確認します。
日本では比較的前者の使い方が多い印象です。
そして後者の判断は波形をちゃんと見ないとわかりませんね。

「同調」という言葉は、混乱を招くので私自身は使わないようにしています。

ファイティングってほどではないけど、うまく設定があっていない場合はなんて表現したらいいのかぁって思っていると、ある先生が、
「これってAsynchrony(エィシンクロニー)してない?」
さすが、米国にいっていた医師が多い病院です。
同調よりもやはりこの表現が一番ピンときます。

シンクロナイズドスイミングも無理に日本語訳にしていないから、Asynchrony(エィシンクロニー)もそれでいけそうかも。
というわけで、Intensivistの記事もこの表現で書かせてもらいました。

え?別にそこまで細かく設定や波形を観察しても変わらないって?
患者さんに影響しないだろうって?

はい、私もそう思っていました。そんな細かい波形の観察は自己満足かも?って。
でも、もしそれで人工呼吸器の装着日数が減少するとしたら・・・・。

「Asynchrony(エィシンクロニー)があると人工呼吸装着日数が増加する!」こういった研究がでています。
細かいと思える波形の観察も大切ですね^^

<参考文献>
intensive care med 2006; 32:1515-1522

コメント

asynchronyの改善は、とても重要だと思います。
asynchrony関連の文献を見ていると、人工呼吸器装着期間の延長、ICU滞在日数、入院日数の延長は、ほとんどの研究で見られています。
ineffective triggerで見て、死亡率に差は無いが自宅退院率に有意な差が見られたという研究もあります。
概ね30~40%程度は人工呼吸器の調整のみで改善できるようですし、それを試みる価値は十分にあると思います。
なぜか、国内ではあまり話題になりませんね。
今度の依頼があったセミナーでは、これに関して訴えてまいります。

>DOG-Xさん
コメントをありがとうございます。
asynchronyはもうちょっと広まってもよさそうですね。
確か、2-3年前に参加したAARCではそれなりに話題になっていたような気がします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/212-6a7c633f


Powered by FC2 Blog