FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
挿管後しばらくして・・
「喘息重責発作だけど、頻呼吸にはなっていないから大丈夫でしょう

このコメントってどう思いますか

これは呼吸生理としておもしろい現象です。
ちょうど昨日、チームCE名古屋で講演があったのでこの話もしてきました。

頻呼吸かどうかのアセスメントは重要です。
呼吸不全の症状の一つですし、誰でも簡単にすぐに評価できます。

でも、「頻呼吸がない」=「大丈夫」ともいえないケースもあるのです。

講演をする時はよくストローを用いて気道抵抗をつくってもらいます。ストローを加えて鼻をつまんで呼吸をしてもらい、喘息の体験をしてもらいます。

「呼吸するのしんどいでしょう?喘息の方はこういった状態なのです。」っていうのを説明するのですが、余裕がある時は、これを聞きます。

「呼吸回数ってどうなっていますか

それだけしんどい呼吸なのに、呼吸回数が増えていないことに気づいてもらいます。

ポイントは、
1)気道抵抗が上昇している状態では呼吸回数が増えにくい
2)頻呼吸がない=大丈夫というわけではない。
日頃のアセスメントで重要ですね

ちなみに2年ほど前にこれに近い内容を書きました。気になる方はこの記事へ。
なんでそんなことが起こるの?って思われる方はこちらの別の記事へ。

※ばらばらだったブログの記事をカテゴリー別(左側)にまとめました。これで結構みやすくなった・・・はずです



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/210-3368fafc


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。