FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


咳の強さと抜管

「呼吸が安定してきたから抜管できそうかな~」

「先生、ちょっと咳の強さを確認します。」

抜管の際には、咳がちゃんとできるかどうかの確認が重要です。

咳ができないと排痰ができないので危ないです。


で、この咳の強さ、どうやってわかりますか
強い、普通、弱いってのもありですが、まぁ、人によって必ずばらばらになりそうです。

一体、どのくらいの咳の強さがあれば抜管できるんだ?と思って調べたことがあります。

いくつかの論文をみてみると、最大呼気フロー60L/min以上っていうのが多い。(ある論文によると60L/min以下だと5倍抜管に失敗しやすいともある)

ちなみに最大呼気フローとは、フロー波形の呼気側の一番低い位置にある時にフローの値です。
すぅ~っと吸った時に、吸気側が一番高くなる位置が最大吸気フロー、
はぁ~っと吐いた時に、呼気側が一番低くなる位置が最呼気フロー。

それ以来、吸引等で咳をする時はすぐに最大呼気フローをチェックしています

これで咳の強さを客観的に数値で評価することができますね

<参考文献>
Chest. 2003 Jul;124(1):262-8.

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/209-672828bd


Powered by FC2 Blog