プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これはうまいおかわり
前日入りして他県のCEの方と食べた白エビのから揚げは絶品でした。
富山の一押し名産はこれですが、ただ・・・店によって味がちょっと違うようです。

では、今回の学会のワークショップとランチョンから・・・

まずは、人工呼吸器の機器選定ワークショップに関して。

CEは、周辺環境、患者層、コストなど様々な病院環境の違いによって機種を選定していかなければなりません。

一般には機種統一の流れにありますが、臨床をよく経験されている演者の方々はその点よりも、患者さんごとの使い分けを重視というのが印象的でした。

そして、CEは人工呼吸器の機器点検だけでなく、臨床に入らなければ購入の際の声も届かないし、説得力がないという結論が、私も大賛成の点でした。

その後はRSTのランチョンセミナー。
RSTの関心度は非常に高く、会場がうまっていました。
私自身はRSTの経験はないですが、よくアメリカのRTのシステムと比較することもあって、関心は高いです。

今回、様々なRST運営のポイントを紹介されていました。
そしてここでも・・・CEはRSTに関わる場合、人工呼吸器のみでなく、呼吸療法全体を把握すべきという結論なのです。


帰国直後から言い続けてきましたが、RTがいない日本においては、CEが臨床に入る重要性は高いです。

そういえば、1月と2月に京都と岐阜にてそれぞれRTの経験から臨床に入る重要性を話してきましたが、ここでも一部の人には強く共感していただきました。


それぞれの県においても「CEが人工呼吸の臨床に入るということ」に関して確実に関心が上がってきているようです。

コメント

りょうさん
学会お疲れさまでした。
今回、このような場で小児の観点から発表させていただいた自分にとっても、大変勉強になりました。
やはり臨床での呼吸療法介入が一つの要になりそうですね!僕も今は抑制されている身ではありますが、めげずにがんばっていこうと思っています。地方の同志の方々に感化されました。

はじめまして。
ICUで看護師やっています。
CEさんでも、人工呼吸器の知識がかなり差があると感じています。りょうさんみたいな方もいれば、APRV?何それ?なんていう方もいるので、CEさんみんなが精通しているわけではないなと思っています。やはり、卒後の勉強次第で変わってくるということでしょうか?

>たじぃさん
やっぱり学会では、ブースでも、発表でもいろんな情報が入るので楽しいものですね。私も同志にはいつも感化されます。

>エビ子さん
CEはそれぞれ得意分野がかわるためかと思います。それは卒後の勉強もそうですが、どちらかというと働く環境次第かと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/201-5f2650cd


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。