プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSTの発展

おそらく世界をみても日本だけだと思います。
世界に類を見ない組織。それがRSTです。

ご存知のように数年前からRSTは急速に普及していっています。
最近は減ってきた印象ですが、2年前の帰国直後の学会ではかなり多くの発表もあって驚きました
さらに保健適応ともなり、ノウハウも蓄積されて普及が加速です

今回、Clinical Engineering 2010年11月でRSTが特集されています。

これが非常に興味深い。
執筆者が施設のRSTの紹介をしていてその仕組みが参考になり、さらに興味をひいたのが、最後の「もの申す」記事です。多くの方が見過ごしがちなRSTの問題点をとりあげています。急速に普及したRSTですが、問題点も見つめる必要があります。

私は2年半前にこのブログで、米国での経験から米国の呼吸療法部の問題点を取り上げています。
(2年半前の記事)
何十年と続いている米国の呼吸療法部でさえ、客観的にみれば問題点があるだから、まだ世界の中でもはじまったばかりのRSTに問題点があっても不思議とは思いません。

米国の呼吸療法部の問題点と現時点での日本のRSTの問題点。
これらを見つめて両方をカバーできるように発展すれば世界でも模範となるような日本の組織ができるはずです。

コメント

ウイーニングについて

こんにちは、先日人工呼吸器の講習に行ったのですがどうしても理解できないところがあったので教えていただけませんか?
ウイーニングについてなのですがウイーニングを行う時に機能的残気量を増やすようにするといわれたのですが意味が分らずこまっています。また、機能的残気量がもともと大きい患者さん(喘息、COPD)はウイーニングのときに機能的残気量を増やしても大丈夫なのでしょうか?いろいろ調べたのですが分りません教えて下さい

RSTではないですが・・

いくつかの病院・科を渡り歩いてきた自分の感想としてですが、看護師の自分がいうのもなんですが、人工呼吸器を見れる看護師というのは少ない気がします。特に病棟ではそれを強く感じます。
一歩進んでいる病院では肺にやさしいPCV管理が主流になってきていますが、呼吸を見れる看護師がいないとVCVからPCV管理に移行するのは難しいとつくづく感じています。看護師は他のスタッフに比べ、1人の患者さんに対し関わる時間は最も多いと思いますが、その看護師がみれないとなるとやはり、米国のような呼吸療法士が必要ではないかと個人的には考えています。特定看護師や慢性呼吸器疾患認定看護なども今後、できる予定がありますが実際に病院で勤めるのはおそらく多くても数人ではないかと思うと何百床もある病院で今後の発展は困難ではないかと思います。

Re: ウイーニングについて

>やすさん
ん~講義の前後を聴かなければ意図していることは言い切れませんが・・・例えば虚脱肺の多い患者さんでは当然FRCは減っています。そうすれば酸素化も悪いし、呼吸仕事量もあがります。PEEPやリハで虚脱肺を改善させる=FRCを上げるといった意図で言われたのかと推測します。FRCを上げる事だけに着目するとCOPDでは?喘息では?と思うかもしれませんが、このようにとらえると問題ありませんね。

Re: RSTではないですが・・

>ポパイさん
その通りかもしれませんね。ただ新たな職種をもうけると大きなコストもかかります。アメリカの医療費は高いです。なんとか今の財政状況に適応した方法があればいいと思っています。RSTは一つの可能性ですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/191-801955b9


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。