プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんにちは
最近、更新が遅れがちですいません。
また2週間以上もあいてしまいました

さて、今日はコメディカルへの吸引解禁に関するニュースです。
もうご覧になりましたか?
(ニュースはこちらから)


臨床工学技士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士に対して吸引が解禁される動きにあるようです。

これには賛否両論があるかと思いますが、病棟での人工呼吸管理に関わっていた頃、痰でゴロゴロしてる、でも手の空いているナースもいない「あ~、吸引ができたらなぁ。」と感じたことも多々ありました。

こういった経験から私は賛成です。ただ重要なのは・・・
「トレーニングをきちんと行なってから吸引を行なってほしい」
ということです。

一番怖いのは
「さぁ、解禁になった。(きちんとトレーニングも行なわずに)さぁ、やりましょう。」
となって事故が起こるのが怖いです。
もし何か重大な事故が起これば吸引だけに限らず、こういった一連の動きは一気に止まるでしょう。
何かあればその病院だけでなく、日本全体に影響するのです。

私も米国でトレーニングを受けていますが、吸引を行なうようになる機会があれば必ず再度トレーニングを受けるつもりです。そのぐらい慎重です。

下記は僭越ではありますが、ブログを読んでくださっている方へのメッセージとなっています。


コメディカルの皆様へ
吸引に関してその方法だけでなく、適応や何に注意すべきなのか、どんな合併症があり、その観察と対応はどうしたらよいかは必ず学んでから行なって頂けたらと思います。

医師、看護師の皆様へ
もしご施設でこのような動きがある場合はトレーニングはちゃんとされているかをぜひ確認して頂きたいです。もしされていない場合はぜひトレーニングをして頂けたらと思います。

研究会などのセミナー運営スタッフ様へ
もし解禁が実現すれば吸引に関するセミナーなどを開催して頂ければ非常に有用な情報になるかと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

コメント

注意

吸引に関しては賛成の立場です。
正直、吸引のうまい下手があり、自分でできたらなぁと思うことが多々あります。
実施に関しては十分な研修を受けたものがやるべきだと思われますので、そのあたりは当院も徹底していくべきだと思われます。
理学療法士では年に1度ですが吸引の講習会が開催されています。1度参加してみようと思います。

>HIROさん
多くの病院でそのような考え方になればいいですね。講習会も一年に一回でも開催されているのはいいことですね。

りょうさん

いつも勉強させてもらってます。
吸引に関するコメント、全くを持ってその通りだと
思います。先日、後輩(3年目)が勝手に吸引をしているのを偶然見かけ、吸引に対する知識を伺ったところ
合併症一つ答えられませんでした。こんな意識のいCEが
多くいたとしたら、それこそ話がおじゃんになってしまいますね。
これからも、色々ご教示お願いいたします。
あおうみ

自分も吸引に関して大賛成です。個人的には法律がやっと現場に追いつき始めたのではないかと感じています。ちなみに吸引だけでなく、特定看護師にもかなり興味がそそられますね。グレーゾーンにある領域をもっと改革すべきだと思います。

Re: タイトルなし

あおうみさん
こんにちは。早速、そのような方がいらしたのですね。でもあおうみさんの注意のおかげで助かってよかったです。そういった不注意での行動は大きな影響を与えるということを認識して頂きたいですね。

Re: タイトルなし

ポパイさん
そうですね。法律はなかなか動きにくいですね。結構、前から言われていたことですがやっと動き始めたといったとこでしょうか。これからもしばらくは時間がかかるかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/177-0d52e82e


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。