プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「APRVを同僚や後輩に説明するけどなかなか伝わらない・・

そういった声を時々ききます。

最近、たくさんの本にAPRVのことが掲載されていますが、これって結構複雑なことが書かれています。ある程度わかっている人用ですね。

いきなりリクルートメントが・・・とか、呼気フローの・・・とかではやっぱり伝わりません。

今日は基本に戻りましょう

まず、大事なポイント・・・APRVはCPAPの発展型です。

CPAPで酸素化をよくするためにPEEPをあげていくと呼吸がしにくくなります。

高いPEEPをご自分でかけたことありますか

ぜひかけてみてください。肺がすごい膨らんで呼吸がしにくくなります。

実は人工呼吸器がなくても同じような体感ができます。
はい、吸って~・・・・はい、はかずにその状態で普通に呼吸してください。
高いPEEPをかけてる状態もそんな感じです

呼吸しにくいですよね
呼吸しにくいってことは換気もしにくいのでCO2もはけにくくなります。

CPAPでPEEPをかなり上げると酸素化はよくなります・・・がCO2がはけにくい。

じゃ、どうしよう?

そうだ時々、圧を開放してCO2をはかせようってのがAPRVです。

たまに聞くのですが、APRVでCO2が低くなって自発呼吸もなくなった・・。

その場合はリリース(圧の開放)はいらないですね。

APRVの権威のHabashi先生も全症例APRVって言ってますが、正確にはAPRVとCPAPです。

高いCPAPにすると換気がしにくい、なのでリリースでCO2をはかせましょうっていうのがAPRVのコンセプトです。

コメント

こんばんは!

ずーっと昔にコメントしました心です☆
初歩的なのですが…PEEPと循環の関係がいまいち理解できないんです…。どうか教えていただきたいですε=ε= 。。(ノT-T)ノ

自分も心さんと同様、PEEPと循環の関係について知りたいです。

APRVの学習していると必ず、上記の話が出てきて、PEEPは循環器に対してU字型に変化すると説明がありますがこの意味が理解できません。是非、教えて下さい。

>心さん
返信遅れてすいません。
PEEPと循環の関係ですか。ん~、それってPEEPレベルとコンプライアンスによって静脈のリターンが減るという意味のことですか?もう少しピンポイントでご質問頂けたら助かります。

>ポパイさん
PEEPは循環器に対してU字型に変化するですか?すいません、ちょっと意味がつかめないです。メールの方に(グラフがなければ)その文の詳細をタイプしてもらうか、参照先を書いてもらうか、資料を送ってもらうことは可能ですか?

2010年も

呼吸器Loveでいきたい心です。
早速本題失礼致します!
PEEPと循環なのですが、初歩的なところから…酸素化がよくなることしかいまいち理解できないのです・・・。
静脈?とはなにがどうなってしまうのでしょうか。血圧に影響はありますか?

はじめまして

突然ですみませんが、呼吸器の勉強していてここにたどり着きました。さっそく質問ですが、assist/controlモードは自発呼吸もすべて調整換気で補助してやるモードですよね?教科書等ではよくSIMVがあるので今はあまり使わない、いらないと記載があります。しかし人工呼吸器のモードとしてあるので、実際どのような時にこのモードを使うものですか??

はじめまして!

呼吸器病棟に勤務するナースです。
人工呼吸器について検索していたら偶然blogにたどりつきました!
色々読ませていただきましたが説明がとてもわかりやすくて感激しています(>_<)!!
後輩にも説明しやすくなり助かっています(^^)
ありがとうございます(v_v)

実は最近Veraが使われるようになったのですが、よく理解出来なくて困っています…。

機械の特徴やこれまでのレスピとの違い、利点などは理解していますが……。

Veraの特集などしていただけないでしょうか??

検討よろしくお願いします(;_;)!!

Re: 2010年も

>心さん
高いPEEPをかけると肺が広がるのは想像できるかと思います。極端な話、とてつもなく広がったことを考えると血管があっぱくされるのを想像できませんか?そうなると静脈還流が減るということです。肺のコンプライアンスによって与える影響はかわります。もちろん血圧にも影響はあります。ただ、最近は多くの施設ではPEEPが低すぎるということが問題となっています。

Re: はじめまして

>sasukeさん
ACとSIMVは時々議論となるモードです。科や地域によってどちらをメインとするかは違う傾向にあります。最近は逆にACがメインでSIMVが必要ないのではないかという考えもあります。十分に呼吸を補助したい場合、全てにおいて吸気時間が維持できるACの方がメリットは大きいと考えています。

Re: はじめまして!

あぃ☆さん
お褒めの言葉をありがとうございます。うれしく思います。
さてVelaに関してですが、すいませんがほとんど使用したことはありませんのでちょっと特集は無理です。。特徴や利点を理解されていることであれば十分だとは思いますが・・・。人工呼吸器は共通することが多いのでピンポイントでご質問いただければご回答できるかもしれません。

はじめまして。
質問です。
APRVにはPSをかけないとありますが、それは何故なんでしょうか?吸いづらくないのかなあと思ったりするんですが。

Re: タイトルなし

>まりさん
PSを使うとどうしても漸減波をつくってしまいます。初めにぐっとフローが入るパターンです。それだとやっぱり空気は入りやすいところに入ってしまうのですね。入りやすいところといえば背側でなく腹側となってしまいます。ちなみにPSとAPRVを同じ平均気道内圧にして無気肺の改善効果を比較したのが前回の呼吸療法医学会で発表されました。

ありがとうごさいました。
それではAPRVの場合はTCと組み合わせるほうがいいのでしょうか?

Re: タイトルなし

>まりさん
おっしゃるようにAPRVの場合はATCと組み合わせるというのがAPRVの権威であるハバシ先生の考え方で日本でもその考えで多く使われていると思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/170-f018ed3a


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。