プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あっ
ちょっと驚きです

ATS(アメリカ胸部学会)のHPに新型インフルエンザで重症化した場合の換気方法のガイドラインが掲載されました。

著者はあのMacIntyre(マッキンタイラー)先生です
Duke大学でAARC(アメリカ呼吸療法学会)の重鎮です。

え!?何が驚きかって
ガイドラインが掲載されたことよりもMacIntyre先生がAPRVを推薦しているのが驚きです

MacIntyre先生は結構APRV反対のイメージでした。
APRV反対というよりもオープンラング反対というべきかも。

肺保護換気の方法をざっくりと2つにわけてしまうと低一回換気療法オープンラング法に分かれます。

どちらも十分なPEEPが必要という点、高すぎる吸気圧(プラトー圧)は悪という点は同じです。

じゃあ、似てる

いえいえ、無気肺に対するアプローチという点では正反対と言っていいくらいです。

無気肺を許容してでも一回換気量やプラトー圧は低く維持・・・・ってのが低一回換気療法。

無気肺が悪。一時的に高い圧をかけてでもそれを広げよう・・・・ってのがオープンラングです。

どちらがいいのかはわかりません。
現時点でエビデンスが確立しているのは低一回換気療法。
日本の学会でより注目されているのがオープンラング法。

MacIntyre先生は低一回換気療法派でした。
その先生がオープンラングの変法とも言えるAPRVを推薦しているとは・・・。

ガイドラインでは低一回換気療法、APRV、HFOVが推薦されています
一見の価値有りです

コメント

ICUに続々新型インフルエンザの、しかも重症例の比較的若い患者さんが見られます。FiO2をweanできても PEEP(20-25)に関しては慎重にweanしなければいけない症例です。たったPEEP1-2の違いでも、すぐにdesatしてしまう... そちらでどのような対応してますか? Vent settingに関しては。

Re: タイトルなし

>Aiさん
そうですか、そんな状況になっているのですね。新型インフルエンザの患者さんにでくわしたことがないので設定の詳細はわかりません。前に参加した研究会ではAPRVやHFOVも考慮すべきという話もありました。また別の会ではopen lung も検討すべきとあったようです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/167-0df3ceef


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。