プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今日も気ままに続きます・・・

もう何年も前から
「自発呼吸はいいんだぁ。背側の換気がよくなるんだぁ。」
って言われていますが、それって自発がない状態(IPPVとか)と比較して言われてきたのだと思います。

でも・・・よく考えると・・・自発呼吸の定義って何
PSも自発呼吸になるんじゃないのって思いませんか?
ならPSをかけても無気肺改善には同じ効果があるの

どうなのでしょうか?

これが気になってからずっと論文を探していたのですが、残念ながらはっきりとそれを示すものはヒットしませんでした

でも・・・この前の呼吸療法医学会のフォーラムでそれを示すおもしろい発表がありました

APRVとPS(平均気道内圧は同じ)で酸素化と無気肺改善(CT上)を比較。

そうすると・・・・
酸素化はAPRV、PSともに改善。
無気肺はPSでは改善せず、APRVで改善とあったようです。

そう、つまり、PSでは無気肺改善効果はなかったが、(PSのない)自発呼吸では無気肺改善効果があったことを示唆しています。

どうして
考察としてはPSと横隔膜の動きの関係の研究を示していました。
これは論文として存在するので来週にでも書こうかな~と思っています。

あと、発表では触れてませんでしたが、個人的には吸気時間も気になるかな~。

おもしろいですね、この研究。自分でしたいくらいです。

コメント

とても興味深い研究ですね。圧と時間がみそになりそうですね~v-218
ちなみにP Hightとサポート圧は同じ条件だったのでしょうか?

面白いですね~。

経験上で申し訳ないですが、酸素化は平均気道内圧と酸素濃度により規定されるような気がします。換気モードに限らず同じMAPならばおそらく同程度になるのではないでしょうか。
無気肺の改善は、やはり横隔の動きと吸気時間でしょうか。PSVではterminationの関係でTiが確保されていないことにより、横隔膜の収縮によるフローが供給されないことや、プラトー時間が関係しているのでは?
続きを楽しみにしてます。

>ポパイさん
文献でなく、発表だったこともあって、P highとサポート圧は残念ながら覚えていません。でも酸素化はFIO2と平均気道内圧に規定されるのでそれらが合っていれば同じ条件と考えていいかと思います。(厳密には平均気道内圧もいろいろと考え方があるのでしょうが・・・・。)

>上田次郎さん
一般的には酸素濃度と平均気道内圧を合わせると同程度ということでよいかと思います。いろいろ試してみたいことはありますが・・。
無気肺はやっぱり横隔膜の動きと思います。もちろん吸気時間も気になるところです。
学会の時はいろいろと聞きたいのですが、今の立場ではなかなか・・・ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/165-30f94cb6


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。