プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週末は新潟に行ってきます
さて、今回は何を食べようか。あれ、名産ってなんだった?

今回も気の向くままに自発呼吸シリーズが続きます
そろそろ・・・あれ?教科書的に書かれてるメリットと違うな~と思われるかもしれません。
普通の教科書に書かれていることをあえてここで再度書いたりはしません。プラス・・気の向くままだからですね~

前の記事のプーテンセン先生の研究。
ついでに(?)おもしろい発見がありました。
個人的にはこちらの方がおもしろかった

前回と同様にAPRVの自発呼吸有りと自発呼吸無しのグループにわけてCTで比較しました。

そして面白いことが・・・。

そうそう、肺のダメージを起こすのはたっくさん空気を入れて過膨張させるのもダメだけど、呼気の時に肺がしぼんでそれが再度開く時のストレスもダメだってありましたよね
虚脱と再開通は肺を痛めるよ~ってやつ。
虚脱と再開通はいけませんね~。
だから虚脱をさせないためにPEEPをちゃんとかけましょうってのがよく出ています。

で、話を戻して上の実験の結果・・・

もちろん、同じ設定です。
でも自発呼吸が無い場合は、
「吸気時に再開通した肺の割合が多かった」
とあります。

吸気時の再開通が多い、逆に言えば呼気の時に虚脱した肺が多かったことを示すのだろうと考えます。

そう考えると、自発呼吸があると虚脱と再開通を減らす。
この意味でも自発呼吸は肺へのダメージを減らしているのですね。

<参考文献>
Hermann Wrigge. Spontaneous breathing with airway pressure release ventilation favors ventilation in dependent lung regions and conters cyclic alveolar collapse in oleic-acid-induced lung injury: a randomized controlled computed tomography trial. Crit Care Med 2005 R780-R788

コメント

私もDr.プーテンセンのAPRVの文献読みました。やはり自発呼吸に勝るものはないと感じましたが、もう一つ興味を持ったのはAPRVのように高い気道内圧と高めのintrinsicPEEPを獲得した場合でも、見かけ上のCVPは高くなるが、RVEF、つまり右室の後負荷にはほとんど影響が無いという、呼吸を示すパラメータと循環の指標となるパラメータも比較してあったことです。なにかしらの代償機構が働いているのか、それともAPRVの短いrelease timeが十分な代償を行っているのでしょうか・・・。

上田 次郎さんへ

次のレクチャーで使用する予定の画像がありますが、RecruitmentでCardiac indexが1以上増加した急性解離の心臓血管外科術後症例があります。レントゲン上では左下肺野の無気肺が改善し、P/Fでは200弱から560まで増加しました。心拍数が変化せずに心拍出量が増加したその背景には、無気肺の改善による低酸素性血管攣縮の解除が考えられます。これにより右室の後負荷が減少して左室の前負荷が増加、心拍出量の増加につながったものと考えられます。このときのPEEPはRM前8からRM後12に増やしました。吸気圧も18から22に増加させました。多くの心臓血管外科医は高いPEEPを嫌いますが、私のところは余程のことが無い限り、肺環境の改善を望んでいて、PEEPに関しては何も言わないので、肺環境は改善させやすいと思います。

ももたろ・うさんへ

ももたろ・うさんありがとうございます。最近になってようやく当院のDrもRMの効果に興味を示し始め、色々と相談を受けるようになりました。しかしやはり高いPEEPに関しては中々首を縦にふってはいただけませんが。少しづつではありますが、前に進んでいます。

>上田次郎さん
レス遅れました。Dr.Putensenの文献は興味深いものがたくさんあると思います。彼のAPRVはDr.HabashiのAPRVとは少しちがいますが・・・。ちなみに話されているのは参照先とはまた別の文献のようですね。メカニズムにかんしてはももたろ・うさんがとても詳しく説明されていますね。

>ももたろ・うさん
ご丁寧な説明をありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/164-3a9deca5


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。