FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


「人工呼吸器のIE比の設定ってこだわる必要がありますか

立て続けにこんな質問がでていたので今日は基本に戻ります。

答えはもちろん・・「NO」です。

なぜでしょうか?
だって教科書にIE比は1:2って書かれてるし・・

そう、例えば一番わかりやすい例はウィーニング時。
SIMVで2回の設定にしていたら・・・
それでもIE比にこだわりますか

え~と、それって30秒が一回の呼吸サイクルだから、
うん、10秒吸って、20秒吐く・・・軽い拷問ですね
いえ、拷問が好きな人はいいですが。。

私ははっきりいって設定においてはIE比は無視です
その代わりに吸気時間を設定します。
もちろんFlow カーブ上のAuto PEEPもないようにしたいですね。
(以前、メルマガに書いた内容で~す

ちょっと皮肉っぽくいうなら・・・
昔々のIPPVなら設定回数以上に吸えないからこだわってもいいかも。それ以前にIPPVを使用することが問題ですけどね

IPPVと言えば、6年ほど前・・・
某Ns「先生、Aさんが頻呼吸です。」
某Dr「IPPVに変更して。・・・・ほら回数へったやろ

って吸いたくても吸えね~だけじゃんってのがありました。
さすがにこういうのはもうないと思いますが。。

話がそれましたが、結論
「IE比1:2に設定しましょう」なんて書かれている本はもう古いです。
近いうちにブックオフへ持って行きましょう


コメント

私もI:E比は基本的に気にしていません。患者さんが吸いたいだけ吸えて、吐けるだけの時間を確保できるようにするのが患者さんのための設定のような気がしています。

自分もIE比に関わらず、吸気時間や吸気圧などの1つ1つの設定はその患者さんの状態にあっているかが重要だと思っています。
特に、エビタなんかではIE比の設定は出てきませんからね~。

>上田さん
ですよね。私も大賛成です。でも意外と盲点になっている場合もあるのでぜひ広めていきましょう。

>ポパイさん
そうそう、エビタはできませんからね。
それで必要のなさを覚えました。
古い機種はできてしまうからややこしくなるのでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/145-31312357


Powered by FC2 Blog