プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5~6年前、そう私が留学する前ぐらいは
「腹臥位は酸素化は改善するけど、生存率に差がでないからなぁ

そういった見解が一般的だったと思います。

でも帰国後、ある施設で、
「腹臥位を行わなければ助からなかったと思える症例」
も聞いていますし、肺の拡がり方が改善する症例も見ています。

腹臥位は一体有用なのそうでないの
と思っていた矢先・・・
前の北海道での救急医学会である先生が
「最近、腹臥位で生存率が改善したという研究が出た。」
というのを聞いて気になっていました。

その先生が言っていた文献かどうかはわかりませんが、
こんなの見つけました
「ARDSにおける腹臥位の効果―メタアナリシスー」

過去の4つの研究に対してメタアナリシスを行い、酸素化、死亡率、人工呼吸器装着日数、VAPの発生率をみていますね。

結果を見てみると、おぉ~
酸素化改善はもちろんですが、重症患者において死亡率の改善もあったと出ています。


<参考文献>
Alsaghir,Abdullah H. MD. Effect of prone positioning in patients with acute respiratory distress syndrome: A meta-analysis. Critical Care Medicine.2008; 36 (2): 603-609

コメント

先日の勉強会ありがとうございました。次回は必ず、参加しますので宜しくお願いします。

腹臥位ですかぁ、当施設ではかなり、積極的に取り入れていますよ~。必要な方には個人持ちのプローンキーパーなるものを用いています。
急性期の症例ではないので換気・血流の問題というよりは嚥下能力が低下した誤嚥を生じやすい方(咽頭喉頭部に貯留した分泌物)・疾患から来る筋低緊張による舌根沈下の方に使用しています。

個人的な感想としては急性期治療以外にも予防的な意味合いも強くあると感じています。


ちょっと質問なのですがある医師が以前は重力による換気と血流のバランスがマッチして改善するという考え方でしたが最近の考えでは血流は重力の影響はなく、換気の変化によるものだけの効果といっていました。りょうさんはどう思いますか?

Proneの研究を読もうとする場合に気をつけなくてはならないのは、日本と欧米諸国の腹臥位の行い方が異なる点があることです。
とはいえ、私も少なくても腹臥位は効果ありとおもっていますのでいい知らせですね。
 雑誌的にFreeで読める論文でしょうから少し目を通してみます。

>ポパイさん
血流は重力の影響がない・・・興味深い考えですね。
血流は重力の影響を受けないということは血流は背側(上)に残るということですね。
どういった経緯でそのような見解になったのかが気になりますね。一度その先生の講義を聞いてみたいものです。

>あきみわさん
読んだら教えてください笑
腹臥位はRMとして効果があるということを経験しています。特に右心不全で高いPEEPがかけれない場合に活用できる印象ですね。

はじめまして。

腹臥位については、非常に参考になります。
こういう呼吸管理とかは、コロコロ変わるもんですねえ。
あとうちで賛否両論となつているのが、スクイージングです。
肯定派のほうが圧倒的に多いのですが、とにかく押しくまってます。
日本のRCTでも、効果がないと出てますがそれでも依然としてスクイージングは積極的に行われていますね。
さらに看護必要度っていうのが最近流行ってるのですが、その中にスクージングをすると呼吸ケアとしたという得点になります。
まだ確立してない手技をとりいれたのはびっくりですが。
りょうさんはどうお考えでしょうか。

その先生は、血流の変化が全くない訳ではないがBGAに変化を与えるほどではないとおっしゃっていました。理由としては、個々の肺胞は重力の影響を受けやすく、肺自体の重さで上部と下部で肺胞の開通状態に5倍近くの差(確かそういってました。)があり、、体位を変えただけでも肺胞の含気状態が瞬時に変わりやすいからと言っていたと記憶しています。ただし、数年前に言っていたことなので最近ではEITなども出てきているのでちょっと疑問に思う部分もありますけど…。

ちなみに日本には腹臥位○法推○研究会なるものがありますよね~(あの高齢でありながら現役である有名な医師が先頭にたってやっていますよね)。そこでは呼吸状態だけではなく、意識レベルの改善や消化器系機能の改善もあると言っていたので様々な効果が期待出来るかもしれませんね。

経験からしてですが自分は数年前に腹臥位ではありませんがシムス位(3/4腹臥位)と呼吸介助法を併用してSPO2低下の頻度が減り、酸素を使用しないと過ごせない状態から、殆ど必要なくなる状態まで改善させたことがありますよ。看護学会でも発表しているので検索すれば出ると思います。急性期ではわかりませんが当施設のような超慢性期?の方が多いような所ではかなり効果があると思っています。生存率に影響しているかどうかは不明ですけどね…。

>ぴっころさん
私は理学療法にそれほど精通しているわけではありません。ただ、PCVでさえもエビデンスはまだ出ていないこともあり、こういったことは多少empricalな要素が入ることはあってもいいのではないかとも考えます。

>ポパイさん
興味深いご意見ですね。
詳細の説明をありがとうございます。
EITがもっと発展していけばはっきりとわかりそうですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/141-fb9a9a1c


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。