プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自発呼吸が重要

な~んてのはもう何年も前から出てますよね。

そのおかけで昔のベタ寝かしのドルマス(ドルミカム+マスキュラックス)なんてのは見なくなったけど。。

でもまだ陽圧換気です。

VCVはもちろん、PCVもPSも陽圧換気です。

トリガーしてても陽圧換気です。

最近、新しい考え方が出てきました。


いつもよく勉強させてもらってる先生の意見としては、

CPAP、そしてAPRVがあればほとんどの症例で対応可能という考えです。


実は私も最初は「・・・」でしたが、

画像を見て納得でした


自発呼吸の横隔膜の動きによって陽圧呼吸では空気の入りにくい背側にたくさん空気が入ります。

APRV・・・リクルートメント効果で注目されますが、自発呼吸の環境も重大なポイントですね。

それならCPAPも同じこと。

だからCPAPで半分が対応可能、CO2除去が必要ならリリースを加えてAPRV。

これが最高の肺環境を作るのではないかと。

近い将来、CPAPとそれにリリースを加えたAPRVで多くの症例が管理されていくだろうと予測しています。

コメント

APRV中は喀痰が肺にたまりやすくなる。ときいたのですがそれは管理の仕方に問題があるのでしょうかね?

理論的には可能そうですね。ただ、APRVは循環管理がが鍵になりそうなので、うちのような設備の整っていない施設では無理そうです。悲しい事に…。

>おさかな大好きさんへ
 りょうさんではありませんが横レス失礼します。APRVはリクルートメント効果があるので痰(分泌物)が貯まるということはないと思いますよ。痰などで閉塞していた肺胞が再開痛して痰がたくさん出てくるのでそう感じるのかもしれませんね。痰がたくさん出てくるのは効果がでていると考えてよいと思いますよ~。

ポパイさんありがとうございます。


>ポパイさん
フォローありがとうございます。
最近、バタバタでブログのチェック&更新が停滞していました。

>おさかな大好きさんへ
ポパイさんのおっしゃるとおりですね。
VCVからPCVへ変えるとたくさん痰が出てくるのと同じですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/138-84a067cf


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。