プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ソムタムがうまいらしい

という噂を聞いたので調べてみると

ソムタム by ウィキペディア

代表的なタイ料理の一つだそうです。
ん~、確かに一度食べてみたくなるなぁ

LAにいた頃の影響もあり、びびりながらもいろんな国の食を試すのが好きです


さてさて、最近、EITって名前を時々聞きます。
アマト先生もシップマン先生もスライドに示してました。
「EITを使っての肺の状態を画像に示すと・・・」って感じで。
もちろん、研究段階って言ってましたが。。

今、思えば前のAARC学会のレクチャーでもあった気がします。
あの頃は「あ~、なんだろう、これ」って感じでした。

ということで、これもウィキペディアで見てみましょう

EIT by ウィキペディア

「あ~専門外の英語ばっかりでわかんね~」と思いつつ、読むと・・・

ふむふむ。。。

EITはElectrical Impedance Tomographyの略で、なんか小さな電流を流すって言うてますね。

肺の状態の把握、皮膚癌や乳癌の発見、てんかん病巣の場所の把握に関して研究段階みたい。

ふーん、地球物理学にも同じような技術が応用されているって・・・余計ややこしくなるなぁ。


詳細って部分をみると・・・

肺に空気が入った状態ではその部分の電流の流れ方が変わるからそれの応用だそうです。

空気と比べて体の組織は電流が流れやすい。

「水浸しのとこで電気製品を使うと危ないよ~」っていうのと同じ理屈ですね。

あっ、もちろんEITはびりびりしませんって書いてますよ。


もう少し読み進めると・・・

写真もありますね

胸に電極をつける写真と結果の画像ですね。


以上、ウィキペディアからの情報でした

これが発展してどの病院でもベッドサイドでリクルートメントやPEEPの効果がわかるようになれば呼吸管理は変わっていきそうですね。



コメント

自分も少しだけ見たことがあります。EITはすごいですよね。あんなものがベッドサイドに常にあって使用できたら、呼吸の世界が変わってしまうのではと思います。映像化されて肺の状態がわかったら、きっと新人・ベテラン関係なく同じアセスメント・対応が出来る様になってくるのではないかと思います。
新人・ベテランの技術の差がなくなったら、嬉しいけど、ちょっと寂しいですけどね…

>ポパイさん
ベッドサイドでの映像化は楽しみですよね。
新人・ベテランともによいアセスメントに向かえるのはいいことですね。技術の差が縮まることはあってもなくなることはないと思いますよ。ほら今でもCTが読める人読めない人、グラフィックがわかる人、わからない人がいるのですから。新人は学ぶことが増えて余計に大変かもしれませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/128-5a786ec7

オリンピック ウィキペディア

イースト、ミニノートやモバイル端末向け辞書ソフト「デ辞蔵」を発売インターネットコムなお、「ウィキペディア日本語版」では、子どもの利用に配慮し、性的・暴力的表現や著作権侵害のおそれがあると記述者が自己申告している50万6882項目を削除して提供される。 販売は

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。