プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緊張と不安・・・

そんな中から始まったL先生講演巡りの通訳業務。

それを払拭するために、カフェで、電車で、タクシーで、何度も何度もミーティングとそして私自身がL先生のコンセプトを理解するための質問を重ねました。

それでも講演一回目は緊張のためか、汗びっしょり、喉もカラカラで咳が止まらなくなり一度中断、二回目では疲労のためか聞き直すことも多々あり、三回目でやっと大きなトラブルもなく、無事に終えることができました。

この10日間はバタンキューの毎日で本当にフラフラでした。

でも、一人でも多くの人がL先生のコンセプトを理解し、そしてそれぞれの病院での治療に活かせたならこれほどうれしいことはありません。


今回、先生の講義を聞けるチャンスのなかった方のために、L先生のコンセプトを少し書いておきますね。

1)肺を開いておく重要性
無気肺の存在→ずり応力→肺障害→敗血症、多臓器不全。
よって肺を開いておくことが必要。
 
2)PEEPがとても重要。
ICUでは10cmH2O以上。低いPEEPによって肺が虚脱する動画を多用。

3)リクリートメント 
L先生の方法は50cmH2O程度(場合による)で3 呼吸を行う。

4)換気法
IRV(またはAPRV)のような方法で通常とは違う特殊な方法を用いる。


いま、ざっと思い出すのはこんな感じです。

初めて先生の講義を聞いた時、今までの常識が変わりました
でも先生は20、30年前からこんな話をしているそうです。

個人的には、とても尊敬できる臨床生理学のスペシャリストです。
そしてさらに動画や画像を多用してできるだけわかりやすく講義しているのもすばらしかったです。

L先生のコンセプトに対する意見も多々あると思いますが、これを知っておくことはとてもプラスになると思います。
なんとか日本全体に少なくても情報だけでも広める方法を模索中です。


そうそう、L夫妻と約一週間同行しましたが、お二人の人格もまたすばらしく、空港で見送る時はちょっと寂しかったです。
学会で見かけた際にはぜひお話してみてくださいね

コメント

始めまして、そしてお疲れ様でした。

始めましてMEをしています、かどやんと申します。H医大でのラフマン先生の講義を聞かせて頂きました。英語は全く×なのですが、少しでも先生の話がお聞き出来ればと思い参加させて頂きましたが、りょうさんの通訳があったおかげで大変助かりましたし、貴重な知識を得ることが出来ました。ありがとうございます。これからも頑張ってください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>かどやんさん
一人でもそうおっしゃって頂けるなら私はとてもうれしいです。努力して行った甲斐があります。
ぜひ臨床で活用して頂けたらと思います。
聞き逃した点や詳細をお知りになりたい場合はまたおっしゃってください。私のわかる範囲でお答えします。

>RINさん
メルアド記載等がないのでこちらに返事しておきます。
リクルートメントに関しては下記URLをご参照ください。私の過去の記事です。
http://ryourespi.blog69.fc2.com/?q=%B3%AB%A4%B1%A1%A1%C7%D9
残念ながら日本語でリクルートメントで書かれているものはまだ少ないのでこちらが参考になると思います。
リクルートメントの一つの方法が3)に記載した方法です。

今日、セミナーを受けて来たのですがラフマン先生・アマトー先生・ハバシ先生の考え方についての説明を聞いてきましたよ
肺胞を解放しておくことの重要性や設定するためにはLow Flow PV loopを用いる事などの講義がありました。

ちなみ、りょうさんの就職先わかっちゃいました
来年もラフマン先生は来るらしいので来年は是非、それに参加したいと思ってます。

>ポパイさん
セミナーにいらしてたのですね。
え~、ということは私をみかけたはず。
無視されたのですね。ひどい(笑)
次は気軽に声をかけて下さいね。

あの講義は超お勧めです。あれほどの話をできる方はそうはいませんからね。レベルが高すぎて一度で理解するのはなかなか困難かもしれませんが・・。

Low flow PV loopも知れば知るほどにおもしろい。
あれほどに肺の状態をアセスメントできるようになるとは・・といった感想です。

いいえ、今回は残念ながら参加できませんでした。後日、同メーカーの違うセミナーを受講した際にりょうさんが通訳をされていたラフマン先生の講義をした時の話と実際やってる姿を撮影した写真を見た時にりょうさんらしき人が写っていたのでわかりました(それにりょうさんが話ていた内容と一致したので)。
その場にいたら、絶対に声掛けてますよ~。
もっといろいとと教わりたいですいし、友人になって貰いたい位です。自分のレベルではりょうさんには到底ついていけませんがね…。

>ポパイさん
同メーカーの違うセミナー??
それ私、いましたよ。土曜日のやつですよね?
レベルの高い講義とはその講義のことですよ。
ラフマン先生の講義ももちろんレベル高いですけどね。

ホントですか
全く気づきませんでした…。
一番見やすい位置をと思い、真ん中の前から3番目辺りにいたので周りの方は全く見てませんでした

結局、聞いてはいましたが半分ぐらいしか理解できなかったのでもう一度、行こうかとおもってます。

Low flow PV loopの適応について

Low flow PV loopについて質問です。
自分のいる施設は以前も話したかもしれませんが神経筋疾患の方々が入院する専門施設です。
患者さんの中には呼吸器障害を併発している方が多くいるのですが普段は人工呼吸器を使用していなくても(患者自身の希望もあります)軽度の肺炎や無気肺などで呼吸状態が悪化し、一次的に人工呼吸器を使用することが多々あります。
こういった基礎疾患から元々、呼吸状態が低下傾向にある方々(肺自体には問題がなかった)に人工呼吸器を使用する場合に軽度の肺炎などでLow flow PV loopを使用してPEEPを使用しても問題ないのでしょうか(全ての患者さんに使用しても問題ないのでしょうか)?
それと当施設ではエビタ4を使用しているのですがLow flow PV loopを用いる際、リクルートメントマニューバを実施時には吸気ホールド?を使用してリクルートメントマニューバを行い、その後、Low flow PV loop(flowは10以下であればいくつでもよい?)にてLIP地点からPEEPを決定するという方法で良いのでしょうか?
細か過ぎてすみませんが教えて下さい。

>ポパイさん
今の立場上では少し答えにくい部分もあるためににごさざるを得ない部分があることをご理解ください。より詳細や個人的な意見を知りたい場合はブログ左上の送信フォームからメールしてください。

1)禁忌について
通常のVtよりも多めのvolumeで長めの時間行うためにそういったことに対する禁忌が禁忌となるでしょう。一般的に注意すべきは循環動態が不安定、ブラがある、すでに圧障害が存在するなどです。学会等からガイドラインなどがないので使用する側の自己判断となります。

2)RM施行方法
そのRMは40/40ですか?3breath法ですか?それとも別の方法ですか?それによってことなります。ちなみにEvita4では吸気ホールドは15秒までですので40/40は不可能です。Evita XLなら可能ですが・・。3breathに関しては例えばBIPAP使用中ならAPRVモードを利用してすばやくも3breathのみAPRVにしておく方法などはよく行われます。同じモード内でもすばやく動かせば可能ですが、熟練は必要です。

3)Evita4でのlow flow PV loop
XLのように専用のツールがついてないものでは少し困難です。かなり慌てて設定を変える必要があること、カーソルがないので細かい部分がわからないこと、呼気側がslowでないこと。またXLの添付文書にもあるのですが、急速解放は心臓への負担になる可能性があることがかかれています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/125-17832a50


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。