プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あ~すっかり忘れてた
帰国直前の3月頃、アメリカでPAVの講義がありました。
それの内容を書こう、書こうと思いつつ・・・すっかり資料は棚の奥へ。。。
こういうことってありますよねいや、ありますって。。


気付くと日本でもPAVが出ています。
前のCE学会でも展示されてました。

みなさん、前に書いたPAVの記事覚えてますか
「覚えてるわけね~。」なんて言わずに。
では、ざっと復習。

まずこれはPB840の新しいモードです。
ポイントは呼吸仕事量。
たっくさ~ん吸ったり、速くすったり、肺が固くなったり、気道が細くなったりするとその分がんばって息をしなければ吸えません

両手で胸を押さえつけて(肺が固い状態)吸うか、細いストローを加えて(気道が細い状態)で息をしてみて下さい。ちょっとしんどいですね。
これって呼吸仕事量があがってるってことで~す

何?呼吸仕事量が上がったどのくらい上がったん
よ~し、ならその呼吸仕事量を測ってその分だけ補助してあげよ~ってのがPAVです。

わかりにくい。すいません、復習なんであんまり書けません。
過去の記事をリンクしておきます。
PAV+の過去の記事はこちら。



さてさて、その時の講義で気になったこと。
「これってPSの代わりに使うの

その講師のお答え。
「ウィーニングの時だけじゃなく、フルサポートでも使えまっせ。でも7%の患者さんは禁忌になってしまうなぁ。」

いや、大阪弁ではなかったですけど・・こう言ってました。

まぁ、フルサポートは言いすぎだけど、どんなに肺が固くなっても、気道が細くなってもすぐにそれに合わせたサポートをする
患者さんにマッチするから快適だし、セデーションも減らせるうん、急性期でもいけそうというのが印象でした。

ちなみに禁忌ってのは、セデーションでぐっすり寝てたり、脳疾患で息がコントロールできなかったり、たっくさんエアトラッピングがあったり、ごっついリークしている時です。

これ以外ならかなりいけそう~。
自発があるならはじめからPAVでいけるかもって思ってました。


でも・・・この前の集中治療学会では、
「急性期ではPAVは使わない方がいい。」
との意見がでてたようです。

急性期賛成派の意見もあるそうですが・・・。
気になるところです。

また詳細がわかったらUPしますが、ご存知の方はぜひ教えてください

コメント

PAVって分かりにくいですよね!タイコの説明聞いても今ひとつピンときませんし・・・・個人的にはPAVは、よりいっそう同調するようにした改良型PSVと考えています。それよりアメリカでは、使われるようになってきていますの?
よれより最近の私の興味は、ASVですね!?

ども。フジタです。
当院のタイコ担当者もPAVについては
まだ、あんまり解らないと言ってました。
私も解らないのですが、推測すると、
自発呼吸をトリガーするまでの
呼吸仕事量(吸気仕事量)を計測(何を?フロー?
圧?療法?)して補助を行うのかな?と考えています。
知っていたら教えてください。
しかし、PB840はオプションがどんどん付いて、
選択する項目が増えて、使用方法が煩雑に
なるような気がしますな~・・・



個人的にはPPSもPAVもあまりよくわからないなぁというのが本音ですね。
Closed LOOP Ventilationでは、それらに対応するパラメーターが必要で、pps/pavの場合はC・Rなどでしょうがそれらの同定の精度や、runawayのこともありますし。
 PAVはPPSに比べれば使いやすいでしょうが、うちではPBはまず使わないので使用感を述べるコトはできないだろうなぁ・・・

>ともにゃんさん
アメリカでの普及もまだだとは思っています。
ただその時の講義では東の方では比較的使われてきていると言っていました。私は西にいたので確認はできていません。少なくても西で、LA近辺で使っている病院は聞いたことがないですね。また世間ではPSの改良型のイメージがついていますが、適応や使い方によっては急性期でも?というのが私が期待していることです。

<フジタさん
この前、タイコのテクニカルサポートの方にお会いしましたが、その方はかなり詳しいようでした。まだ比較的新しい機能なので会社を全国規模でみると持っている情報にばらつきがあるのかもしれませんね。
呼吸仕事量の計測に必要な情報は、C、R、量、フローです。
呼吸仕事量(患者+機械)=R×フロー+1/C×量
となります。
Rが上がるとフローが流れにくい、Cが上がるとボリュームが入りにくい。これによって仕事量があがる。そしてそれらを足しているイメージです。
ドレーゲルのサイトのATCとPPSに関する小冊子をダウンロードすればもう少し詳しく記載されています。考え方はPPSと同じですね。

>あきみわさん
同定の精度といえば難しいかもしれません。というのは私にはそれを評価する方法がちょっと思いつきません。
ただ開発者も多少それを危惧しているために100%サポート設定が可能になっていないのだと思います。
使用感・・・今一番ほしい要素です。実際に使っていてどのような問題点があるのか?エビデンスはともかく経験的に何が良くなるのかを体感したいとこです。PAVに限らず他のことでも言えるのですが、こういったことを体感できるシステムがほしいとこです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/116-eb19a7b9


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。