FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


「ふぅー、なんとかまとまったぁ

前回までで「人工呼吸器って!?」シリーズが10回終了しました。

これらは臨床現場で必要な人工呼吸器の基本をほぼすべてカバーしています。

これらがわかればばっちりですよ~。


でもブログ形式だからちょっと読みにくい。

というわけで読みやすくするために入門編と題して無料レポートにまとめちゃいました。
そしてさらに勢いで「トリガー」「血液ガス時に必要なモニタリング」「コンプライアンス」を追加しちゃいました。

ぜひ一度見てみて下さいね
「人工呼吸器って!?入門編」のダウンロードはこちらから。


ちなみにPDFファイルなので無償ソフトであるアクロバットリーダーが必要です。お持ちでない方はこちらから。


入門編ってことは中級編とかもあるのって聞かれれば・・・
むむっ、管理人にもわかりませんm(_ _)m

コメント

早速、まとめたレポート見させてもらいました。とても分かりやすくまとめられていて、是非、後輩指導に活用させてもらおうと思います。
今度は、グラフィックモニターについてのご教授してもらえると嬉しいです(なんて、ずうずうしいですようね…)。そして、BIPAPやAPRV、オートフロー(適応型補助換気)など。

>ポパイさん
そういって頂けると時間をかけてまとめた甲斐があり、うれしくおもいます。
グラフィックモニター・・・・私もそれについてはブログで記載したいところなのですが、文字だけではなかなか表現できなくて困っているところです。
その他については「人工呼吸器って!?」中級編があれば考慮しますが、今はこのシリーズは少し休憩の予定です。

レポート見させてもらいました。とても分かりやすく、入門編のツボを押さえたって感じです。新入看護師のバイブル的に活用させてもらおうと思います。

こんにちは、お久しぶりです。
日本ではいかがお過ごしですか?
レポート、早速プリントして拝見させていただきました。この夏にMachanicalVentilationのClass、秋からICUのRotation開始するので、予習に使わせていただきます(^^) あと半年でGSU卒業、かなり楽しみです!
日本のRT事情等楽しみにしてますね♪

今週末ですね。

しっかり、ちゃっかり、ばっちり頂きました。
芸の肥やしに使わせて頂きます。
大変参考になるレポート、ありがとうございました!

>ともにゃんさん
そういって頂けるとがんばって作った甲斐があります。
あと、数日で学会ですね。
秋田までそれなりの時間とお金がかかりますが、その分楽しみましょう♪


>aiさん
お久しぶりですね。
いつのまにかあと半年で卒業なのですね。楽しみですね。
どちらで就職を希望されるかわかりませんが、あちらでの就職はビザ制限のために難関です。ですが不可能ではないと思います。がんばってください。


>junさん
いつのまにか今週末ですね。
早いものです。
私にとっては数年ぶりのCE学会です。
ぜひ一緒に楽しみましょう。

BIPAPについて

突然ですみません。今度、自分のいる病棟で勉強会を開くことになりました。頂いた資料を参考に実施したいと考えています。
そこでちょっと伺いたいことがあります。
自分のいる施設ではドレーゲルのエビタ4、レスピロニクス社のLTV・BIPAPを使用していますがエビタ4に搭載されているBIPAPモードとレスピロニクス社のBIPAPに違いあるでしょうか?
エビタ4に搭載されているものはレスピロニクス社のBIPAPでいうS/Tモードと同じだと考えているのですが、違いがあるのでしょうか?
つまり従圧式換気によるSIMVとPSということになるですよね…。
すみません、少々混乱してしまってわからなくなってしまったので教えて下さい。

>ポパイさん
まずレスピロの方はiが小文字のBiPAPとなりますのでお間違いなく。その使い分けで記載します。
残念ながらBiPAPの記憶はちょっとあいまいです。たしかS/Tモードは自発時はPSとして動作して、自発ないならバックアップ換気となると記憶してますが、心配ならマシンを触るなり、マニュアルなりで確認してください。
上記の私の記憶が正しければ二つは違うことになります。(本当は最大吸気フローやトリガー特性などの違いがもともとありますが、モードとしての違いを聞いているのだと思いますのでその点でお答えします。)
BiPAPはPS換気です。なければバックアップ。
それに対してBIPAPは自発があってもなくても設定した換気回数が入ります。それにプラスでPS換気が入ります。(BIPAPの設定した換気には吸気時間が設定されるが、PSではされないのでこれらの換気は違います。)
こんな感じでよかったですか?

返答ありがとうございます。なるほど!!分かりました。うちのドクターは質問したら恥ずかしながら良くわからないとの返答だったのでとても助かりました。今の病棟ではBIPAP使用したことありませんし…。
ちなみに最大吸気フローとトリガー特性の違いってどういった違いなのでしょうか?質問ばかりしてすみません。

>ポパイさん
最大級気フローの確実な数値は記憶していませんが、Evita4は150L/min、BiPAPは240? or 300?L/minだったと思います。トリガーについては、Evitaも多少特殊なトリガー方式ですが、基本はフロー。BiPAPはAuto track sesitivityという特殊な方式です。BiPAPはNPPV使用ですのでこういった点でまずリークに強い構造になっています。

早速の返答ありがとうございます。ちょっと難しいですね。やはり看護師の自分には正直ちょっと分からないです…。もっともっと勉強しなければと思います。

>ポパイさん
NPPVにおける最大吸気フローとトリガーの重要性について少し補足しておきます。
NPPVではリークしている状態を作りだすので人工呼吸器はがんがん空気を送ります。場合によってはある程度大きなリークに追いつくだけの送気が必要となりそこで最大吸気フローがポイントとなります。低ければ十分に送れませんね。
トリガーについてですが、通常のフロートリガーの場合、リークしてたらどうなるでしょうか?勝手にトリガーしてしまいますね。BiPAPを使う際は常にリークしている状態です。それに対応するために特別なトリガー方式を採用しています。

助かります。

古いログですが辿って参りました。
ダウンロードさせていただきましたが非常にわかりやすく説明されております。初めて呼吸器を学ぶ人たちに配ってみたいと思います。
ありがとうございました。

Re: 助かります。

uminさん
ありがとうございます。そういって頂けると嬉しいですね。次のバージョンもそろそろ出していきたいと考えているところです。

熟読しています

ログをたどってまいりました。この度ICUに配置換えになり、ナース歴はながいもののレスピは殆ど扱ったことがなく、毎日エビタ2・4に振り回されています。入門編から勉強させていただいています。どうか続編をお願いします!

>さんぞうさん
コメントありがとうございます。
続編ですね。そういって頂けると嬉しいですね。メルマガも終了してしまったからその辺の内容をまとめようかと考えています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/114-baa16069


Powered by FC2 Blog