プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そうそう、よく教科書にかかれてますよね

PEEPはICP(頭蓋内圧)を上昇させる」って。

もちろん間違いじゃ~ありません。


でもこれをこのまま鵜呑みにして
「いや、ICPのためにPEEPはかけません。」
って医師もいるのも現状です。


アメリカの方ではどう考えられているのでしょう。

AARCから出ている文献にはこうあります。

PEEPのICPに対する影響は肺と脳の状況によって違うよPEEPの使用には気をつけよう。でもね、酸素化に必要であれば使用すべきだよICPが上がるようならosmotic therapy(マンニトール等)やsedationが有用だろうね。」

うむうむ、納得。
馴れ馴れしい和訳ですいません
こっちの方が親近感があったもので。


さてさて、お次は肺保護法。

これは、ARDSの患者さんなどに対して多少二酸化炭素(PaCO2)がたまるのには目をつぶりましょう。
それよりも肺がやぶれたら大変なので低めの一回換気量や低めの圧力にして肺を守ってあげましょう。
という方法です


ここでピンときた人はするどい

前回の過換気療法の話は「PaCO2を低めにしてICPを下げる」というもの。

で、逆に考えれば今回の肺保護法、「PaCO2に目をつぶるということはICPが上がる可能性がある」ということ。


そう頭部外傷でARDSを合併した場合に問題になりそうなことですね。


ん~、どうしたものか・・・・。


幸いなことに、ICP上昇の可能性はあるが、そのエビデンスはないようです。

ある小さな研究では少しPaCO2に変化はあったけど、ICPに変化はなかったともありますね。


今回は頭部外傷におけるPEEP肺保護法でした。


<参考文献>
Steven Deem MD. Management of Acute Brain Injury and Associated Respiratory Issues. Respiratory Care; 51(4) : 357-367

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/110-df8f0533


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。