FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


「エアウェイ確認、息を吹き込んで~、心マ開始・・・」

救急蘇生のABC、近い将来にはこれがABCではなくなるかもしれません。



CPRに関する興味深いニュースを見つけました
新しいCPRの方法で生存率が3倍になったというアリゾナでのリサーチです


ABCニュース記事

CNN video link "new CPR method"
(リンクなし)

では、ニュースにもあったようにスタンダードの方法と新しい方法を比べてみましょう

スタンダードの方法
・エアウェイのチェック
・2回の呼吸
・30回の心臓マッサージ

新しい方法
・200回の心臓マッサージ
・除細動
・200回の心臓マッサージ

随分、違いますね~。新しい方法は循環を重視してますね。

「心臓と脳に血流を送れるのは心マのみだ。
パルスのチェックや呼吸のために心臓マッサージを止めないように。これらのために10秒間止めるだけで生存率は落ちる。」って言っています。

「なにぃ~、なら早速、その教育プログラムの見直しを・・。」
とまだ慌てる必要もないみたいです。
AHA(アメリカ心臓協会)は、もっとリサーチが必要で今のところはガイドラインを変える予定はないっと言ってるようですね


コメント

ACLS・BLSの資格をもっていますが、講習を受けに行った時にはもしかしたら、人工呼吸が今後なくなる可能性があるというのは聞きました。
ただ、CPRに陥った原因が心臓であれば良いかもしれませんが、呼吸が原因である時はやはり、人工呼吸は必要ではないかと考えている方も多いそうです。自分も原因に応じた対応が必要ではないかと思っています。CPRが必要な方の原因を探すのは困難かもしれませんが…。でも、200回っていうのは初めて聞きました。すごい数ですね。最新の情報をありがとうございます。AHAで変更するとしたら、たしか5年ごとなので2010年ですかね。ちなみに200回というのは胸骨圧迫の速さとしては今まで通りの100回/分のテンポで良いのでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ポパイさん
ご返事遅れて申し訳ありません。
そうですね。テンポは同じですね。
でも200回は身体的にしんどいかもしれませんね。
アメリカの救急隊員は皆ごつい印象です。。

いえいえ、返事ありがとうございます。やはり、そうですか。しかし、200回はちょっと厳しいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/106-d9b7cb51


Powered by FC2 Blog