FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


お~、なんとか「人工呼吸器って!?」シリーズも続いています。お~、ぱちぱち拍手ください


あっ、ありがとうございますいや照れるな~。
では、今日は酸素濃度 にしましょう


では学生気分に戻って○×クイズからスタート。

Q1、通常、酸素濃度は0~100%で調整する。○か×か?


もっちろん×です0%はないですね。
みんなが吸っている空気の酸素濃度が21%ですから、21~100%で調整で~す。

ちなみになんと酸素濃度はFIO2とも呼ばれますっ!
この時の表示は%でなく、0.21~1.0で表示されます。かっこいい~。←意味不明。

では次は血ガス君も登場!




Q2、酸素濃度が影響するのはPaCO2である。○か×か?



×ですね。え?簡単すぎ
そうです。酸素濃度が影響するのはPaO2です。
では次からはより実践的な「良くなってるの?悪くなっているの?クイズ」です。(勝手に名づけちゃいました)



Q3,患者Aさんのデータです。患者さんの状態はよくなってますか、悪くなってますか?
   一日前-- PaO2 : 70mmHg FIO2 : 0.21
   現 在-- PaO2 : 90mmHg FIO2 : 0.8



悪くなってますね。かなし~
PaO2は高いけど明らかに酸素濃度も高いです。



Q4、次は患者Bさんのデータです。よくなってますか、悪くなってますか? 
   一日前-- PaO2 : 80mmHg FIO2 : 0.4
   現 在-- PaO2 : 90mmHg FIO2 : 0.6



むむっ、これは微妙ですね。PaO2もあがったけど、酸素濃度もあがっている。どっちなんだろう~。
実はこれが今回メインの部分なのだ。


こういう時にはいい計算式があるんですよっ♪(←セールストーク)計算式っていっても小学校3年生で習う割り算


PaO2 ÷ FIO2 = P/F ratio(読み方:ピーエフレシオ)


よりP/F ratioが高い方がいいです。
ではBさんのデータは?

一日前 PaO2 80 ÷ FIO2 0.4 = P/F ratio 200
現在  PaO2 90 ÷ FIO2 0.6 = P/F ratio 150

う~ん、少し悪くなっている感じですね。残念


みなさんの病院でもさっそくP/F ratioで比べてみてくださいね。
ちなみにこれってARDSの診断基準のひとつでもあります。(お~


コメント

コメントではないのですがボブさんに教えて頂きたいことがあります。重度の舌根沈下により(神経疾患の方)気管切開適応の患者さんがいるのですが家族の同意が得られず、鼻腔エアウェイで対応している方がいるのですが、繰り返す誤嚥性肺炎と長期のエアウェイ挿入によって慢性的な気管の炎症がみられます。その方は頸部から両上肢にかけて持続する浮腫がみられます。以前、慢性的な気管炎症はリンパ節の腫脹をもたらすと聞いた事があるような気がするのですがボブさん聞いたことありますか?

>ポパイさん
ボブというのはある記事の主人公であって管理人のハンドルネームは「りょう」といいます^^

さてご質問の件。
申し訳ありませんが、私個人としては経験したことも特にそのことについて聞いたこともありません。

ただざっと検索すると下記のURLに「病的なリンパ節の腫れ」の説明があります。

http://www2.ocn.ne.jp/~toyamate/rinpa.htm

これを考えるとエアウィイによる炎症→リンパ節の腫脹というのもありえるかと思いますが・・・。あいまいな返事ですいません。

すみません。すっかり、間違えてしまいました。りょうさん^^
そうですか、色々調べたのですがわからず、博識なりょうさんに聞けば、もしかしたらと思ったんですが。逆に調べてもらったようで忙しいのに面倒かけて申し訳ありませんでした。

>ポパイさん
いえいえ、こちらこそ大したお力になれずに・・・。
私としてもよい勉強となりました。

これに懲りずにまた聞いてみてください。
情報や疑問をシェアしてお互いによい刺激になればいいですね。

ありがとうございます。自分は重症心身障害者施設(アメリカにあるでしょうか?)で働いていて、日々、一般病院ではありえない出来事が多々、あるのでまた、疑問があったら質問させて下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryourespi.blog69.fc2.com/tb.php/102-2418c603


Powered by FC2 Blog