プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイビングと呼吸

みなさん、スキューバダイビングをされたことありますか
医療関係者には経験者が多いようですね。

先日、2回目の体験ダイビングに挑戦しました。
1回目はボロボロでしたが、今回は意外に楽しくて、次はライセンスを取ろうとたくらんでいます

ダイビングは何かと呼吸が絡みます。

一番気になりそうなのが、これ・・
「ダイビングの後、18時間(or 24時間)は飛行機に乗らないこと」

はじめは「なんのこっちゃ」と思いましたが、呼吸を学んでいる方なら納得のはずです。

ドッボーン・・・ブクブクブク・・・
と潜っていくと圧力が上がっていきます。
(10mなら2気圧、30mなら4気圧)


圧力があがると血液中に溶け込む窒素が増えます。
(これってFIO2をあげると、血液中に溶け込む酸素量が増えるのと同じですね。)


深いところから急速に浮上して圧力がさがると、溶けていた窒素が気泡となってでてきます。
(気泡によって関節や中枢神経の障害、呼吸困難などを起こす)

これが急速浮上による減圧症。
ポイントは気圧の上昇によって窒素の溶け込む量が増え、それが浮上によって気泡になるということですね。

飛行機の件もこれと同じで機内は大気圧(1気圧)よりも低い0.8気圧程度で維持されています。それによって溶け込んでいる窒素が気泡化しないように18時間(または24時間)は乗らないでおきましょうとされています。

ん~、早くライセンスをとって潜りたい
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。