プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「小児はカフなしチューブで」
という考えが広く浸透しています。
でも最近は変わってきているようです

成人の気道は円柱型なのに対して小児は逆円錐型になっています。
つまり声門を越えたところで細くなっていますね
また気道も弱く、もともと気道も細いから気道閉塞も起こりやすい。
こういった事から小児はカフ無しチューブを使用という考えが一般的です。

ちなみになんかいろいろと調べると8歳未満ってのが多いです。
なぜか8歳未満はカフ無しというキーワードが多くでてきました。

でも最近はこの考えも変わりつつあります。

まずは2004年に5歳未満の患児597人をカフなしとカフ付きでわけて、抜管後の声門下浮腫のための薬の投与、抜管の成功などを比較。カフなしとカフ付きでも変わらなかったとでています。

もっと最近の研究はないかな・・・あっ、あった
2009年の研究で2246人の患児の研究。
しかも無作為試験だと思ってよく見るとICUではなく、麻酔中でした

でもこの研究では少なくても麻酔中はカフ付きでOKというのが強くでているようです。

ちなみに前回の呼吸療法医学会でのあるセミナーでもこの分野で有名な先生がカフ付きに関する発言をされていたようです。

こういった結果から、まだICUでの研究が少ないから絶対にカフ付きがいいとは言い切れませんが、絶対にカフ無しであるべき・・というのは変わっていっているかと思います。

<参考文献>
The use of cuffed versus uncuffed endotracheal tubes in pediatric intensive care. The journal of Pediatrics 2004; 144: 333-7

Prospecitve randomized controlled multi-centre trial of cuffed or uncuffed endotracheal tubes in small children. Br J Anaesh. 2009; 103: 867-73


スポンサーサイト
行ってきました。
多くの方がお気づきのように今回はいつもより多くの人工呼吸に関するセミナーがありました

海外から招かれている先生も多く、今回は仕事の合間に外人セミナーを中心に聞いてきました。
では、その中の一つのHelioxの講演について。
Helioxって何?って方はまずこちらの過去の記事を参照です。
Helioxってなんじゃらほい?
人工呼吸中のHeliox(ヘリウム療法)?

今回はスイスのPhilippe Jollirt先生(フィリップ ジョリエと発音するようです)で、Helioxの論文ではちょくちょくでてきてます

どんな話をしてくれるのだろう聞く前からワクワクでした。
マスク換気で使ったらいいかも?とか、人工呼吸との併用はどうなのだろう?とか、疑問もたっくさんあったので。

今回は主にどんな患者に有用かということを論文ベースで示されていました。

かなり押していたのが、やっぱり上気道閉塞。
アメリカでもある大学病院では、抜管後に上気道閉塞となればHelioxを使っていました。ですのでこれは予想通りです

次はCOPDや喘息に対して。
PaCO2の低下や呼吸困難が改善するという論文はあるものの、ルーチンでの使用は勧めないとのこと。

そしてマスク換気。
これは場合によっては挿管をさけることができて有用では?と思っていたのでかなりくいついて聞きました。
呼吸困難感の改善や呼吸仕事量減少したという研究は示していましたが、2010年に行われたマルチセンタースタディーでは死亡率や挿管率、ICU滞在日数などには差はないという結果でした。
「え~、そうなんだぁ・・」ちょっと期待していたので残念。

最後に挿管下の人工呼吸。
これも現時点ではEvidenceがないということでサラリと終わりましたが、お勧めはされてませんでした。

ちなみに3年ほど来日したDuke大学のRRTは人工呼吸中のHeliox使用をかなり勧めている印象でした。人によって考えは違いますね。


<参考文献>
A multicenter, randomized trial of noninvasive ventilation with helium-oxygen mixture in exacerbations of chronic obstructive lung disease. Crit Care Med. 2010 38(1): 145-51

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。