FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

束になって・・

そういえば留学中にワーキンググループなんてありました。
みんなで集まって(束になって)勉強しましょうってやつ。
結構、記憶の定着にいいなって思いました

さて・・・無理矢理つなげますが、今日はバンドル(束)の話です。

このブログでバンドルといえばやっぱりVAPのバンドルですね。
IHIからでています。
日本語版もインターネットで検索できますね

ちなみにバンドルとはいくつかの手法を単独でなくて束ねて(バンドル)行って高い効果を得ようというものです。

最近はどうなんだろうって思ってふと検索をかけてみると・・

2010年の新しい文献でもいくつかでてきます。

・IHIのバンドルを行うとVAPが10件から3件に減少。100万ドル削減。
・VAPを有意に減少。年間78万ドル削減。

やっぱり効果あるのですね。VAPが減少しています。
っていうかこのコスト削減ってほんとって思えるくらいです。
いや、3回も4回も確認しましたが・・・

どちらにしても効果が高いようですので「え知らなかった。」という方はぜひ読んでみてください。日本語版もでていますので。

で、私もその日本語版のお世話になっていたのですが、このブログを書くにあたってIHIのHPに行ってみると・・・「あっ

最新バージョンに更新されていました。
今まで4つのバンドルでしたが、5つめが入っています。
5つめは
「クロルヘキシジンで毎日オーラルケア」。

いつ更新したのだろう数年前とかだったらショックだなぁと思ってみたら
「2010年5月24日更新」ということでした。
ふぅ~、そんなに遅れてなくて良かった

<参考文献>
Adherence to ventilator-associated pneumonia bundle and incidence of ventilator-associated pneumonia in the surgical intensive care unit. Arch Surg. 2010 145(5): 465-70

Decreasing ventilator-associated pneumonia in adult intensive care units using the Institute for Healthcare Improvement bundle. Am J Infect Control. 2010 Apr 17

VAP How to guide(IHIのHPより)
スポンサーサイト

FCCS参加

FCCSに参加しました。
これが非常に勉強になりました

FCCSとは米国集中医学会が提供している集中治療医以外を対象として集中治療の総合的な教育プログラムです。
詳しくはこちらから。

特に自分の専門以外がとても勉強になりました。
一つの事をマニアックに行うわけではありませんが、集中治療に関してトータルでカバーします。

そして集中治療に関わる医師の視点がわかります。

座学とハンズオンがありますが、座学といってもディスカッション形式なのでほぼ毎時間といっていいほど発言を求められます

アメリカでの本場のプログラムはさらに濃厚なディスカッション形式らしいです。

ハンズオンもおもしろいです
一番良かったのが・・・
○○の病歴、××のバイタルで患者が搬送されてきました。
あなたは次に何をしますか
もちろん呼吸だけでなく、かつ医師の視点なのでかなりハードルが高かったです。

RTのテストのクリニカルシュミレーションに少し似ていますが、FCCSはハンズオンでさらに呼吸だけでないのが違いでしょう。

今回は多くの参加者が医師でしたがコメディカルの方も何人かいました。

一CEとして個人的にはCEの方に特にお勧めしたいです
これを学んで臨床に出れば人工呼吸と集中治療がさらにつながるはずです。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。