プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんにちは
最近、更新が遅れがちですいません。
また2週間以上もあいてしまいました

さて、今日はコメディカルへの吸引解禁に関するニュースです。
もうご覧になりましたか?
(ニュースはこちらから)


臨床工学技士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士に対して吸引が解禁される動きにあるようです。

これには賛否両論があるかと思いますが、病棟での人工呼吸管理に関わっていた頃、痰でゴロゴロしてる、でも手の空いているナースもいない「あ~、吸引ができたらなぁ。」と感じたことも多々ありました。

こういった経験から私は賛成です。ただ重要なのは・・・
「トレーニングをきちんと行なってから吸引を行なってほしい」
ということです。

一番怖いのは
「さぁ、解禁になった。(きちんとトレーニングも行なわずに)さぁ、やりましょう。」
となって事故が起こるのが怖いです。
もし何か重大な事故が起これば吸引だけに限らず、こういった一連の動きは一気に止まるでしょう。
何かあればその病院だけでなく、日本全体に影響するのです。

私も米国でトレーニングを受けていますが、吸引を行なうようになる機会があれば必ず再度トレーニングを受けるつもりです。そのぐらい慎重です。

下記は僭越ではありますが、ブログを読んでくださっている方へのメッセージとなっています。


コメディカルの皆様へ
吸引に関してその方法だけでなく、適応や何に注意すべきなのか、どんな合併症があり、その観察と対応はどうしたらよいかは必ず学んでから行なって頂けたらと思います。

医師、看護師の皆様へ
もしご施設でこのような動きがある場合はトレーニングはちゃんとされているかをぜひ確認して頂きたいです。もしされていない場合はぜひトレーニングをして頂けたらと思います。

研究会などのセミナー運営スタッフ様へ
もし解禁が実現すれば吸引に関するセミナーなどを開催して頂ければ非常に有用な情報になるかと思います。

どうぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト
行ってきました
やっぱりプーテンセン先生とアマト先生の話はおもしろかったです

プーテンセン先生のコンセプトは自発呼吸を活かす管理です。

その重要性を過去の研究を示して話されていました。
過去にこのブログで紹介した論文の話もいくつかでていました。

やはりポイントは背側の換気の改善、循環の改善、臓器血流の改善だと確認できました。

また自発呼吸を温存する管理に大切な鎮静に関しても触れていました。


アマト先生はいくつかのトピックを話されていました。

特に印象に残っているのは腹臥位の話ですね。

腹臥位の状態では重力のために血流は下側(腹側)にあると考えられていましたが、背側に多く残るようです。

その結果、換気血流比が改善するとのことでした。

そして臨床工学技士のシンポジウム。

フロアからの意見も多く、良いディスカッションになったのではないかと思います。

私の考えでは集中治療において臨床工学技士は機械管理だけでなく、より深く臨床に関わっていくべきと思っています。

今回のシンポジウムでもそのような意見が多く、まだまだ課題はありますがそういった方向性になりそうです

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。