プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「最近、ブログ更新少ないですね。」

あいたた・・・今日、痛いところをつかれてしまったので早速更新します

気がつくと、ATSガイドラインやドイツなどで自発呼吸の話が途中で終わってました。

前の記事で触れた「自発呼吸も結果的には呼吸仕事量を下げることになる」ってとこ。ここに戻りましょう

これってどういうこと
自発呼吸があれば、自発呼吸がない時に比べて呼吸仕事量はあがる・・だから逆じゃないの
はい、その通りです呼吸しているのですから呼吸仕事量はもちろん上がります。でもこれはそういった意味ではないです。

自発呼吸を残す → 横隔膜の動きで無気肺改善 → コンプライアンス改善 → 呼吸仕事量低下

ということです。
じゃあ、逆に自発呼吸をなくしていると・・・

自発呼吸なし → 横隔膜の動きがなく無気肺増加 → コンプライアンス低下 → (自発呼吸を出す時に)呼吸仕事量上昇

そう、自発呼吸を残していると最終的には呼吸仕事量を低くおさえれますって意味です

ポイントはコンプライアンスと呼吸仕事量の関係です。
ずっと前にブログに書きましたね。
え~、覚えてないよ~って方はこちらへ。


思い出しましたか?
コンプライアンスが低い患者さんで人工呼吸中の気道内圧が上昇するのは経験されますね。これって換気をするためにより大きな圧力が必要ってこと。言ってしまえば人工呼吸器の仕事量増加って感じです

より大きな圧力が必要ってことは自発呼吸の時でも同じですね。でもこちらは人工呼吸器の仕事量じゃなくて、患者さんの仕事量増加につながりますね。


スポンサーサイト

2回目のドイツ

先週、ドイツのボンに行ってきました

今回、初めて電車に乗ったのですが、そのシステムがわからなくて困った。。

チケット販売機もなんか複雑。その辺のドイツ人にいてもそっけないし、たまたま通りがかった日本人に助けてもらいました

さて、今回は研修+会議目的だったのですが、個人的に一番期待していたのはプーテンセン(Putensen)先生の講義。

プーテンセン先生だけでなく、一緒に働いている先生方の話も聞けました。

講義の正直な感想・・・難しかった

かなりのペースで進むし、ついていけないとこもありました。

コソ勉はしっかりしていったのですが、話がいろいろと広がってガティノーニせ(Gattinoni)先生やヒックリング(Hickling)先生の論文の話にまでいって・・・あ~、ちゃんと読んでおけばよかった。。反省です。

悔しいから読みます読んだらまたアップします。

しかもプーテンセン先生は忙しいようで「今から一人ECMOにのるんだよ~」って言いながら講義が終わったらちゃっちゃと帰ってしまった。

集中治療学会で日本に来るのでその時に質問攻めにさせてもらおうっと



Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。