プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第19回臨床工学会

行ってきました
今回も多くの人に出会うことができました
特にパネルディスカッションと懇親会が最高でしたね

まずは前回触れたブースプレゼン。
「肺保護と自発呼吸」について10分間話しました。
今回のブースは発表会場と併設されていたので比較的静かに行う必要があり、ブースプレゼンはAARC(アメリカの呼吸療法学会)のものしか記憶にない私にはちょっとこじんまりとした印象になりました

でも、うれしかったのは、その翌日に参加していた方が他のスタッフを連れて来てもう一度聞きたいと来てくれたこと。うん、やってよかったと感じました

そして、パネルディスカッション。10分ずつのプレゼンに続き50分のディスカッションというスケジュール。
ちょっとディスカッション長くない??っていうのが最初の印象でしたがこれも楽しめました
話された内容を独断でまとめると

1)教育:CEおよび他の職種への教育をどのようにどこまで行うか。
2)方向性:発表者はどのような経過を経て今に至るか。若手に何を伝えたいか。
3)位置づけ:CEの位置づけはどうあるべきか。臨床へもっと参入すべきか。

こんな感じだったと思います

そうそう、一つ大事なことがありました。
米国の日本人clinical engineerとカテ関連で働くinvasive cardio vascular(心カテの技士??)の方にお会いして話をすることができました。もちろんお二人とも日本人です。国際化が進んでいますね。

あと、余談ですが、懇親会は懇親会会場→居酒屋→ラーメン屋とフルコースでした。こういった場所での本音トークが一番おもしろかったりもします
スポンサーサイト
第19回臨床工学会です
去年の秋田県は結構楽しめたから今年も楽しめるかな~

でも今年は仕事ですからね。
たぶん、ほとんどはブースにいます。
学会に行かれる方はぜひお立ち寄りください

個人的なイベントは・・・
1)ブースでの10分プレゼン
2)パネルディスカッション

10分のプレゼンで何かを伝えるのって意外に大変です
ですので構成をいろいろ考えてみました。
やっぱり、うちのコンセプトは自発呼吸かな。
あ~、これで誰も聞いてなかったらどうしよ~


パネルディスカッション
は180度違った立場で話します。
RTの経験を通して感じたことを多くのCEと共有したいと思います。
この前、座長の方と話したのですが、とても興味深い方でした。
ディスカッションを通して新しい見解が見えてきそうです

では、行かれる方はあちらでお会いしましょう

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。