FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんか、前に書いた「肥満の呼吸生理学」に続いてシリーズっぽくなってしまった。。
世の中にはいろいろ調べる人いますからね。

で、低体温の時はどうなるのだろう
意外と興味ありませんか?
低体温療法も増えてきてますし・・。


今回の事故的な低体温症の文献なのでそのまま低体温療法につながるかわからないけど、十分参考になりそうです。

では、せっかくなのでクイズっぽくしましょう。

低体温症での呼吸生理における変化は
○×で答えてね

1)酸素消費量が低下する。
2)気管支スパズムが起こりやすい。
3)死腔が増加する。
4)誤嚥のリスクが増える。
5)重症になると無呼吸の可能性がある。


では解説
1)は簡単ですね。温度下がれば酸素消費量は低下しま~す。

2)はちょっと謎ですが・・・。
文献上はスパズムが起こるとはっきりと書いています。
実際、ウィージングとかよく経験しますか~?

3)気管支の拡張により、解剖学的および生理学的死腔が増えるとのこと。
でも肺胞での死腔は増加しないって。へぇ~、そうなんだ

4)繊毛運動が低下→誤嚥のリスクUP。
繊毛運動が低下するなら痰の貯留も増えそうですね~。

5)あっ、これも驚き。
あまりに温度が低くなるとCO2の呼吸ドライブへの刺激が弱まるそうです。
なので重症になると、高二酸化炭素血症になったりアプニアになるとのこと。

というわけなので全部○ですね。
結構おもしろくないですか?

<参考文献>
M.L. Mallet. Pathophysiology of accidental hypothermia. QJ Med 2002; 95:775-785



スポンサーサイト
「よっしゃ

セミナーコンテスト準優勝しました


セミナー講師としての能力
つまり構成、話し方、わかりやすさなどは勉強会を行う上にはとっても重要。

よりうまくなりたいと本や講義などを通して学んできました。

そして見つけたおもしろいイベント。
それがセミナーコンテスト!

簡単に言えばセミナーのうまさを競うイベント。
ライバルはいろんな業界から来て
そしてたった10分間で自分を表現する。
評価は40名近い受講者が項目(テーマ、シナリオ、話し方)にそって採点。詳細はこちら。


いつもと違う内容、雰囲気、受講生のためか相当疲れました。
でも自分自身まだ改善できるポイントも見えてとても勉強になりました

優勝こそは無理でしたが、準優勝でも十分うれしい
自分の考え方、方法も間違っていないと認識できた。

これを機にさらなるステップアップを目指そうっと



・・・へ行ってきました

一日目の注目はAPRV&PAVフォーラム。

Lachmann、Habashi、MacIntyreの3人がそろうことなんてそうそうない。

もちろん会場は満員の立ち見状態でした。

3人の議論が一番おもしろかった

ただ、聞いたいた場所が悪かったのかな。
相当聞き取りにくかったです

これはちゃんと聞きたかった。。

ちなみにMacIntyre先生プレゼンがメッチャうまい。
誰かがエンターテイナーだといったいたけどほんとその通り。
自分で講師をやるようになって初めてそのうまさに気がつけるようになりました。


二日目はLachmann先生のopen lungとHabashi先生のAPRV。
初めて聞いた時はよくわからなかったLachmann先生の講義も今はなんとかスムーズに聞けるようになりました。

実はHabashi先生のAPRVの生講義は今回が初ちゃんと聞けて感動!知識の再確認ができました。


そして日曜は某NPOでのLachmann、Habashi、Pennyの講義。
これもまた議論が楽しめました
こういう外国人同士の議論っておもしろいですね。
日本人同士だといろんな兼ね合いでなかなかうまくはいかないのでしょうね。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。