FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あっ、のど痛い・・・
朝起きるとのどが痛む。
今日は兵庫県の技士会で講演を頼まれている日、大丈夫かなぁ。

解熱剤、葛根湯、のど飴、マスクを購入、できるだけベストを尽くそう

「米国の保守点検について」を依頼されてたけど、
どうせならより経験を生かせることを話そう
ということで「RT留学経験を通して」に変更。

内容は、
・アメリカのWeaning Hospitalの存在。
・RTって何者?点検や臨床の関わり。
・アメリカであったいろんな職種。
・アメリカと日本の違い。
・RSTの可能性。

こんな感じで話してきました。
やっぱり楽しいですね。
講演や勉強会を頼まれるといつも楽しめます

またその会では保守点検が中心の会でしたが、
個人的にはとても新鮮。
あ~、今の流れはこうなっているんだぁ~って学べました。

そしてうれしかったこと
5名もの方に「ブログ見てます。役立ちます。」って言われたこと。

最高に励みになります
停滞していましたが、またがんばって書いていこうと思います



スポンサーサイト
「あ~、また呼吸器チェックシートの転記ミスだぁ。」
「字がきたなくて読めないよ~
「研究のためにあのデータを記載しておけばよかったぁ。」

たぶん、こういった時に役立つのでしょうね。
これ・・

PDAを持って行って、人工呼吸器に向けてピッとやると1秒でデータ送信。
はい、呼吸器チェック終了~みたいな。

リンク先の資料を読むと・・
ふ~ん、いろんな人工呼吸器に使えるんだって。

さらに聴診の結果や痰の性状なども記載して保存できる。
そのデータがサーバに飛んで永久にデータ保存が可能。
うん、そういったリスク管理には便利そう。

そういえば日本では人工呼吸器のデータの詳細はあまり管理されてないような・・。ですよね
基本データのみが紙ベース、最近は電子化されたとこも増えたかな。

今の仕事では詳細のデータが残っていればもっとスムーズだったのに~ってこともあるからそういった時にも便利かな。

でもこれやっちゃうと書き写す必要がなくなるので、データを見なくなる人が増えそう。今後、日本に入ってきたらそれは注意ですね。



Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。