プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あ~すっかり忘れてた
帰国直前の3月頃、アメリカでPAVの講義がありました。
それの内容を書こう、書こうと思いつつ・・・すっかり資料は棚の奥へ。。。
こういうことってありますよねいや、ありますって。。


気付くと日本でもPAVが出ています。
前のCE学会でも展示されてました。

みなさん、前に書いたPAVの記事覚えてますか
「覚えてるわけね~。」なんて言わずに。
では、ざっと復習。

まずこれはPB840の新しいモードです。
ポイントは呼吸仕事量。
たっくさ~ん吸ったり、速くすったり、肺が固くなったり、気道が細くなったりするとその分がんばって息をしなければ吸えません

両手で胸を押さえつけて(肺が固い状態)吸うか、細いストローを加えて(気道が細い状態)で息をしてみて下さい。ちょっとしんどいですね。
これって呼吸仕事量があがってるってことで~す

何?呼吸仕事量が上がったどのくらい上がったん
よ~し、ならその呼吸仕事量を測ってその分だけ補助してあげよ~ってのがPAVです。

わかりにくい。すいません、復習なんであんまり書けません。
過去の記事をリンクしておきます。
PAV+の過去の記事はこちら。



さてさて、その時の講義で気になったこと。
「これってPSの代わりに使うの

その講師のお答え。
「ウィーニングの時だけじゃなく、フルサポートでも使えまっせ。でも7%の患者さんは禁忌になってしまうなぁ。」

いや、大阪弁ではなかったですけど・・こう言ってました。

まぁ、フルサポートは言いすぎだけど、どんなに肺が固くなっても、気道が細くなってもすぐにそれに合わせたサポートをする
患者さんにマッチするから快適だし、セデーションも減らせるうん、急性期でもいけそうというのが印象でした。

ちなみに禁忌ってのは、セデーションでぐっすり寝てたり、脳疾患で息がコントロールできなかったり、たっくさんエアトラッピングがあったり、ごっついリークしている時です。

これ以外ならかなりいけそう~。
自発があるならはじめからPAVでいけるかもって思ってました。


でも・・・この前の集中治療学会では、
「急性期ではPAVは使わない方がいい。」
との意見がでてたようです。

急性期賛成派の意見もあるそうですが・・・。
気になるところです。

また詳細がわかったらUPしますが、ご存知の方はぜひ教えてください
スポンサーサイト
秋田県まで遠路はるばるでしたが楽しんできました。

名産のきりたんぽ、稲庭うどん、比内地鶏を食べてきましたよ~。なんか各地の名産物にはまってしまいそうです

さて、学会は1日目しかいれませんでしたが、その中でも興味を持ったのが、「RSTのワークショップ」と「進学に関する特別セッション」。
両方ともとても興味深かったです。

RSTのワークショップでは、様々な病院でのRSTの方法を知ることができまました。とてもいい情報交換の場です

質疑応答では個人的に感じるアメリカのrespiratory department(呼吸療法部)の問題点をコメントし、RSTではどのように変化するのかを質問してきました


また進学に関するセッションでは演者の方の熱い向上心がひしひしと伝わってきました。
そして様々な情報をこれから目指していく人のために提供する。これもまたすばらしいセッションでした

この質疑応答では、一つの選択肢として留学という道があること。それはRTだけに限らず、他の職種もあるということをコメントしてきました

ひさしぶりでの大会場でのコメント・・・緊張しました~


もっちろんブースも楽しんできました
個人的に楽しんできたのが、
・アメリカでは見ることのない陰圧式人工呼吸器のRTX
・過去に英語で説明されたが理解できなかったASVモード
・もっとじっくり見たかったヘルメット型マスク

これらをちゃんと調べてまたUPしたいと思います。


学会自体もブースもとてもよかったです。
でも一番よかったのは「たくさんの方に出会えたこと」です。

学会でも、ブースでも、懇親会でも、飲み会でも。

いろんな方に出会えて学ぶことは多く、とてもよい刺激となりました

皆さん、ありがとうございました。
どうぞ今後もよろしくお願いしますm(_ _)m
    
「ふぅー、なんとかまとまったぁ

前回までで「人工呼吸器って!?」シリーズが10回終了しました。

これらは臨床現場で必要な人工呼吸器の基本をほぼすべてカバーしています。

これらがわかればばっちりですよ~。


でもブログ形式だからちょっと読みにくい。

というわけで読みやすくするために入門編と題して無料レポートにまとめちゃいました。
そしてさらに勢いで「トリガー」「血液ガス時に必要なモニタリング」「コンプライアンス」を追加しちゃいました。

ぜひ一度見てみて下さいね
「人工呼吸器って!?入門編」のダウンロードはこちらから。


ちなみにPDFファイルなので無償ソフトであるアクロバットリーダーが必要です。お持ちでない方はこちらから。


入門編ってことは中級編とかもあるのって聞かれれば・・・
むむっ、管理人にもわかりませんm(_ _)m
しばらく田舎で休息中のりょうです

でも時間のあるうちに調べたかったこととか読みたかった本とかたくさんあるんですね~。

今はそうやって過ごしています


この学会は何年ぶりだろう
4年ぶり?5年ぶり?に臨床工学会へ行ってきます

今回の開催場所は・・・・秋田県。ちょっと実家から遠いですけどね。
がんばって行って来ます。

ちなみにこのブログをご覧の方で今回の学会に行かれる方はいらっしゃいますか

せっかくの機会ですのでぜひあちらでお会いしましょう

通常のコメントでも管理人宛でもどちらにでもコメント頂けたらうれしいです



Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。