FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実習終了

とうとう病院実習が終了しました
この1年長かったです。

早起きとか12時間労働とか英語三昧とかしんどかったですけど、終わってしまえば寂しいですね。もうちょっとあっても悪くなかったかな

うちの学校は4つの病院を回るシステムなんですが、それもよかったですね。
慣れたころに別の病院に行くっていう感じはありますが、いろんな病院のシステムが見れてよかったです。

1つしか見れなかったら「あ~、アメリカってこうなんだ~」って勝手に思ってたかもしれませんしね。

何が印象深かったかな~
やっぱり日本で経験してこなかったことの方が印象深いですね。

恥ずかしながら、初めて吸引した時はかなり緊張しましたね。

病棟でのスパイロメトリーやIPPBの使用、またERやBurns Unit(熱傷ICU?)に行ったことも印象に残りますね。

でもやっぱり一番はNICUかと思います。
ほんとに未知の分野だったので、学ぶことも多かったです。
HFOVやNO、ECMOはほんとにいいチャンスでした

なんだかんだでもう卒業間近です
可能性は高くはないですが、ぜひこっちで働いてみたいですね。
日本でCEとしてできない経験をもっと積みたいところです


スポンサーサイト

肺がんと喫煙

渡米してからも、帰国後に「浦島太郎」にならないようにyahoo!ニュースぐらいはできるだけチェックしています。
ということで今回は日本語ニュースを。

<喫煙率>「半減」目標盛らず・・・がん対策基本計画案に厚生労働省

記事のポイントは、がんを減らすのために禁煙を促進していきたいが、たばこ税からの収入も減ってしまう。そういった理由が国の禁煙運動の妨げになっているのではないかということですね。

喫煙と肺がんは強い関連がありますし、アメリカのデータですが、肺がん患者の80%は喫煙者とあります。また10~20%の喫煙者が肺がんになるともあります。
これすごいですね。
喫煙所に10人いたら1~2人は肺がんになるってことですからね。

ちなみに肺がんのリスクはやはり吸う本数、期間、ニコチンとタール、あとは吸い始めた年齢に関連します。
ですので「健康のために吸う本数減らしているんだ。」とか「肺がんが怖いからニコチンの低いやつに変えたんだ。」ってのもあながち間違いではないんですね。

そうそう、またこちらではRTが新規の患者さんを受け持つと喫煙の有無とその量を必ず聞きます。そしてそれはPack-Yearsで表されます。
1日1箱と計算したら何年分になるかといった計算です。
1日2箱で10年なら20pack-years。
1日半箱で20年なら10 Pack-yearsって具合です。

まぁ、これは肺がんというよりCOPDのためなのですけどね・・。

なんかニュースから話がどんどんそれていきますね
やっぱり立場上、話が医療の方へいってしまいます。
まぁ、いいですよね。

最後に少しだけ話を戻すと、喫煙率を減らし、そして国の収入も維持するためにはやはりたばこ税のUPということになっていくのではないでしょうか。
アメリカではタバコの値段は、州によって違うようですが、ここカルフォルニアでは1箱 $4~5程度、ニューヨークでは$8程度のようです。
こういった状況からも日本でもまだ増税していきそうです。


参照:respiratory disease


CSRCの感想

RTプログラムの終了まであと約2週間。
追い込みが大変です。。。

まぁ、私は一般教養のクラスがあるので夏まで卒業できないのですけどね。

では、では今回はCSRC学会の感想を簡単に書いておきますね

今回の学会は個人的には好きでした。
いろいろ新しい情報や考え方が得れたなって感じです

期待していたPAVの講義は・・・まぁ、よい復習になったというとこでしょうか。。するどい質問が結構でてて、参考になりました。

NAVAの講義はよかったです。講義の前にブースにいって予習してきた甲斐がありました。これは時間が作れたらできるだけ早く詳細を書く予定です。

あとは、どれだけCO2が除去されたかを測定するVCO2モニターの話も今まで考えてなかったので新しい発見でした

他にはDuke大学の先生の人工呼吸管理の話もよかったです。今の人工呼吸管理の動向をまとめた感じでしょうか。

これらは忘れないうちに早く復習していきたいのですけどね。

最後にRTの受験に必須とされるEthics class(倫理学?)を取って終了でした。

全体的に良かったのですが、ただ一つの不満と言えば・・・昼飯がイマイチ足りなかったってこと・・・あ~、もっと食べたかった


CSRC 2007

では明日、CSRC (California Society for Respiratory Care)の学会へ行ってきま~す

やっぱり学会は楽しいですね
いろんな新しい情報が入るし、展示場でもメーカーの人が丁寧に教えてくれるし。

AARCみたいなでっかい学会じゃないけど、それでも十分に楽しめます

そういえば去年もこの学会のことちょっと書いたなぁ、と思いながら・・・一年は早いですね

プログラムを見たのですが、PAV のupdateやNAVA の講演があるのでこれまた楽しみ。
あっ、でもあまり期待しすぎるとただの復習の時もあるので気持ちを抑えよう。。

ちなみにプログラムこちらのサイトのconference detailから。

参加される方がいましたらあっちで会いましょうね

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。