プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
興味深いニュースを見つけました
「超未熟児の命がバイアグラにて救われました」

では、素人ながらも訳してみます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Lewis君は超未熟児(約700g)として生まれ、さらに心臓の障害や虚脱肺があり、生き残る方法はないだろうと思われていました。母親も葬式の準備にとりかかっているほどでした。

やれること全て行ったがそれでも希望は持てずにいた時に、バイアグラが提案されました。

バイアグラは肺の小さな血管を広げ、血液が肺から全身へ回り、Lewis君の血色はよくなり、息もしやすくなっていきました。

今のところ、まだ1日中酸素が必要ですが、バイアグラの使用は終了しています。

両親は「これは実験的で効果は期待できない可能性もある。最後の手段です。」と説明されていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


おおぉ~、すごい
バイアグラにこんな意外な使い道があったとは。。

ちょうど新生児クラスも終わったとこだしちょっと詳しく調べてみよっかぁ

ーーーーーーーーーー
「肺の小さな血管を広げ・・・」とあるので肺高血圧症(肺の血管の圧力が高くなる病気)かと思ったのですが、未熟児ということで違う可能性が高いです多分、肺がメッチャ未成熟なのでしょう。

肺が未成熟でガス交換も大変だろうから、人工呼吸器もガンガン必要でその結果の気胸による虚脱肺かな。

心臓の疾患とは未熟児に多い動脈管開存症(動脈管が生後に閉じない病気)の可能性が高いようです

バイアグラが肺血管を選択的に拡張する・・・。
NO療法(Nitric Oxide:一酸化窒素を用いた肺血管拡張療法)ができない施設で重宝されていきそうですがどうなのでしょうね。

苦手だった新生児呼吸療法にも少しずつ興味がわいてきました。


スポンサーサイト

先週。。

先週末は風邪でダウンでした

金曜日に朝の4時半に起きて実習病院まで行ったんですけど、ちょっと寒かったんですよね。

ここは一応ロサンゼルスです。その時は防寒対策のためにスノーボード用のジャケットを着ていたにも関わらず寒いのです。
LAでも朝はメッチャ寒いのですね

なんか病院に着くと鼻水が止まらない・・。
やばいなぁ。。。
で、家に着くとやっぱり熱でてました。
ということで、土日はゆっくりと休養。
いつもは1日で治すのに今回のはしぶとかった。

はぁ~、最近、弱くなったのは年のせいストレス
それまでめったに風邪なんかなかったのに。。

宿題もそっちのけで週末はずっと寝てたのでそのツケが大変です

ブログの方も少なくても週に1回は更新してたんですが、今週はできませんでした。
遊びにきてくれてた方、ごめんなさい m(_ _)m

ACLSの親戚?NRP。

「このクラスに不合格でも$100払えば他の施設でプログラム取れるよ

新生児蘇生クラスでの先生の優しい優しい言葉でした。。。(「のんびりの冬が・・」参照)

「いや無駄な出費はしたくない。ん、待てよ。でもなんで他でもクラス取れるんだ

このクラス、どうも普通のクラスではなく、NRP(Neonatal Resuscitation Program: 新生児蘇生プログラム)という国際ガイドラインに沿ったクラスのようです。

ACLS(Advanced Cardiac Life Support)ってよく聞きますよね?
誤解を恐れずに言えばNRPはこれの親戚みたいなものでしょうか?

非常にわかりやすく書かれているホームページを見つけました。
NRPについて
お~、同じ本を使ってる~。実習風景の写真まであるよ。

ついでに日本語版の本まで見つけました。

NRPは日本ではまだあまり普及してないようですが、ACLSが数年前から拡がってきたようにNRPも普及してくるかもしれませんね。

ちなみに今回の実施テストは、基礎手順、気管内挿管、投薬を含めた全体の流れの3つのテストがあったのですが、なんとか合格でした
クラスメイトと前日、カフェでかなり練習した甲斐がありました。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。