プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京→名古屋→長野→東京→大阪→東京

と移動だらけ
プラス・・・その後に体調不良。。ゴホッゴホッ

というわけで先週更新できなかった言い訳ですw

遊びに来てくれてた方々、すいません。。


では、気を取り直して

「う~ん、このNIV(非侵襲的人工呼吸)の患者さん、あんまり調子が良くないけどこのままNIVでいくかそれとも挿管しようか


この悩みに直面した経験のある方多いはず。

私ももちろんあります。

あの時はBipap synchronyを使ってました(そんな時代w)

COPDの急性増悪で入院したきた小さなおばあちゃん。

先生とともにNIVで1~2時間がんばっていけるかな~と思ったのですが・・・結局は挿管しました。


最近、しばらくNIVから離れていますが、学会などから移行基準のガイドラインとかって出てないですよね(出てたらすいません。)


この前発見したある文献(参考文献1)、こういった移行基準の糸口になるかも。

しかも結構シンプルです。

見るのは
APACHE Ⅱスコア(17以上か?)

NIV1時間後の呼吸回数(25回以上か?)



後ろ向き研究ですが、上記数値が挿管の予測因子になるとのことでした。

ちなみに英語文献ですが、日本の研究です。

<参考文献>
Yoshida Y et al. Factors predicting successful noninvasive ventilation in acute lung injury. J Anesth.2008; 22(3) : 201-206


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。