プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あ~すっかり忘れてた
帰国直前の3月頃、アメリカでPAVの講義がありました。
それの内容を書こう、書こうと思いつつ・・・すっかり資料は棚の奥へ。。。
こういうことってありますよねいや、ありますって。。


気付くと日本でもPAVが出ています。
前のCE学会でも展示されてました。

みなさん、前に書いたPAVの記事覚えてますか
「覚えてるわけね~。」なんて言わずに。
では、ざっと復習。

まずこれはPB840の新しいモードです。
ポイントは呼吸仕事量。
たっくさ~ん吸ったり、速くすったり、肺が固くなったり、気道が細くなったりするとその分がんばって息をしなければ吸えません

両手で胸を押さえつけて(肺が固い状態)吸うか、細いストローを加えて(気道が細い状態)で息をしてみて下さい。ちょっとしんどいですね。
これって呼吸仕事量があがってるってことで~す

何?呼吸仕事量が上がったどのくらい上がったん
よ~し、ならその呼吸仕事量を測ってその分だけ補助してあげよ~ってのがPAVです。

わかりにくい。すいません、復習なんであんまり書けません。
過去の記事をリンクしておきます。
PAV+の過去の記事はこちら。



さてさて、その時の講義で気になったこと。
「これってPSの代わりに使うの

その講師のお答え。
「ウィーニングの時だけじゃなく、フルサポートでも使えまっせ。でも7%の患者さんは禁忌になってしまうなぁ。」

いや、大阪弁ではなかったですけど・・こう言ってました。

まぁ、フルサポートは言いすぎだけど、どんなに肺が固くなっても、気道が細くなってもすぐにそれに合わせたサポートをする
患者さんにマッチするから快適だし、セデーションも減らせるうん、急性期でもいけそうというのが印象でした。

ちなみに禁忌ってのは、セデーションでぐっすり寝てたり、脳疾患で息がコントロールできなかったり、たっくさんエアトラッピングがあったり、ごっついリークしている時です。

これ以外ならかなりいけそう~。
自発があるならはじめからPAVでいけるかもって思ってました。


でも・・・この前の集中治療学会では、
「急性期ではPAVは使わない方がいい。」
との意見がでてたようです。

急性期賛成派の意見もあるそうですが・・・。
気になるところです。

また詳細がわかったらUPしますが、ご存知の方はぜひ教えてください
スポンサーサイト
前回の続きです。

PAV+とは、PB840の新しいモードですね
前回もいいましたが、PAV(Proportional Assist Ventilation)のProportionalとは比例という意味です。自発呼吸を助けるという点ではPS(Pressure Support)に近いモードです。

みなさん、PS(Pressure Support)をご存知ですよね
知らない人。。ごめんなさい。今回は読み飛ばしましょう。
・・・ってそんな冷たいことはいいません
紙パックのジュースにストローをさして飲む時、パックを押しながら飲むと楽に吸えますよね? これがPSの原理です。患者さんが息を吸っているのを人工呼吸器が押して助けてあげてるのです。


PAVはよくPSと比較されます

先のジュースでいうと、がんばって飲んでもストローを細くして飲みづらくなっても常に一定の圧でしかパックを押さないのがPSPAVはがんばって飲んでる時、ストローが細くなって飲みづらくなった時などにはそれに応じた強さでパックを押すということです。まさに飲む強さに比例させてるってことですね。

これを呼吸でいうと・・・
<PS編>
今10という呼吸仕事量があったとします。PSで半分(5だけ)手助け。そして患者さんが半分(5)を負担。
でも呼吸仕事量が何かの原因で20になったら・・・
PSはそれでも常に5だけ手助け。残り15は患者さんの負担。
さっきまでPSで半分手助けしていたのが今はたった4分の1になりました。

<PAV+編>

こちらも今10の呼吸仕事量があったとします。PAV+で半分(5だけ)手助け。そして患者さんが半分(5)を負担。
でも呼吸仕事量が何かの原因で20になったら・・・
PAV+は半分(10)手助け。残り10は患者さんの負担。
さっきまでPAV+で半分手助けしていて、今も半分手助け中。

これが呼吸仕事量に比例させて助ける量を変化させてるということです。
PAV+は患者さんの呼吸仕事量を何%助けるかを設定します。今回の例はわかりやすく半分(50%)の手助けにしましたが、これは変更可能ですのであしからず。

そしてPAV+を使うと画面にこのようなバーグラフがはいります。WOBとはwork of breathingで呼吸仕事量のことです。全体の呼吸仕事量と患者さんの呼吸仕事量がわかります


2回にわけてPAV+の説明をしました。キーポイントは呼吸仕事量ですね
次はAARCでレクチャーがあったSBT (Spontaneous Breathing Trial)について書く予定です。
AARCの展示場でPB840(サイト左下)の最新機能であるPAV+の説明を受けてきました
基本的なことしか言ってませんでしたが、それについて2回に分けて書きます。
マニアックな雰囲気がありますが、世界一わかりやすく書きますので読み飛ばさないで下さいね。

PAVとは Proportional Assist Ventilationです。まぁ、自発呼吸を助けるという点でPSに近いモードの一つなんですが・・なんのこっちゃですよね。
Proportionalとは比例的なという意味です。ここでは患者さんの呼吸仕事量にあわせて人工呼吸器が助けますよってことです。

ちょっと待ったぁ。ここでちょっとややこしい言葉。
呼吸仕事量ってなんだぁ??」
PAVを理解するのにちょっと大事です。しかもPAV以外にもかなり役立つ☆
ほんとはややこしい式があるのですが、そんなもんは無視しましょう。
なんか数学なんてしんどいし~

大事なのは4つ。Vt (一回換気量)、Flow、コンプライアンス、レジスタンス。
これもがんばって暗記するのはやめ。体感すればすぐわかります。

では、まず息を止めて~。
できるだけ多く吸ってみて~。吐いて~。
次はその3分の1の量を吸ってみて~。吐いて~。
どちらがしんどかったですか?
しんどい方が仕事量が大きいってことですね。
これがVt(一回換気量)との関係。
Vtがあがれば仕事量もあがる。

Flowも同じ。できるだけ多く吸うを速く吸うに変えるだけ。

次はコンプライアンス(膨らみやすさ)。
固い風船とやわらかい風船。どちらがふくらますのしんどいですか?
しんどいのが仕事量大きいほうです。つまり風船が固くなると(肺が固くなると)仕事量もあがるってことです。

んで、レジスタンス(気道抵抗)
あっ、これ一度ブログに書いたかな。これはマックシェイクを飲むときに極細ストローと普通のストローを使ってみたらわかります。極細ストローは吸いにくい。この吸いにくさがレジスタンス。つまり痰とかスパズムとかで気道が細くなると吸いにくくなるよってこと(仕事量UP)。

そうそう、呼吸仕事量についてわかると新しい観察ポイントができるんですよ

みなさん、呼吸補助筋(胸鎖乳突筋など)をつかってメッチャがんばって呼吸をしている患者さんを見たことありますか?なんであのようになるのでしょう?

そうです。その多くが呼吸仕事量が上がっているということです。呼吸仕事量がわかるとPAV+がわかるだけでなく、毎日のフィジカルアセスメントにも役立ちますよねあ~、この患者さんは肺が固くなってこうなっているな~とか、スパズムでこうなっているな~とか。

では、今回はPAV+を理解するために必要な「呼吸仕事量について」でした。上の説明でわかりにくいところはもっとかみ砕きますのでお気軽に
近いうちにPAV+の特徴について書きます。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。