プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一回拍出量じゃなくて・・・
っていうのが第一印象でした。

呼吸と循環は切っても切れない関係。
だから循環にも興味津々
ICUで必要なことならなおさらです。
ちなみにRTの学校でも肺動脈カテーテル関連は習います

帰国してから驚いた商品の一つにフロートラックセンサー。
しばらく前から出てたみたいですけどね。
ええ。知りませんでした。

はい、少々古い話題ですいません。
でもあえて書きます

簡単に言えば、なんと、肺動脈カテーテルなしで循環パラメーターがわかる。
動脈ラインにつなげるだけで、心拍出量、一回拍出量などがわかるものだそうです

そして新たなパラメーターが「一回拍出量変化量」。

うん、何これ舌噛みそうだし・・・。

そうそう、皆さんの病院で患者さんのAラインの波形が大きく揺れているのを見た事ありませんか

先生がそれをみて「あ~、循環ボリュームが足りないかも・・・」とか言ってませんでしたか

循環ボリューム(=前負荷)が足りなければAラインが大きく揺れる。

この「一回拍出量変化量」っていう舌を噛みそうなやつも同じようなもの。
どれだけ揺れたかを数値にしたものですね。
ほんで、Aラインの代わりに一回拍出量を使っていますね。

つまり、一回拍出量が呼吸によってどれだけ揺れたかを数値にしたものです。循環ボリュームの指標の一つですね。

救急医学会のランチョンでも出ていて「へぇ~」と思いました。

ただ、自発呼吸がある時はあまり勧められていないようですね~(下記サイト参照)

ランチョンでの先生はこれに対して「トレンドでOK。そして他のパラメーターとの併用が大事」とのコメントでしたけどね。

使ったことのある方は感想をぜひぜひ教えてくださいね

<参考サイト>
http://www.edwards.com/products/mininvasive/strokevolumevariation.htm
スポンサーサイト
突然ですが、私はカレーライスが好きです
カレーライスにおいて、カレーとライスは切っても切れない関係です。
同じように呼吸管理においても、肺と心臓は切っても切れない関係ですね。(あは、ちょっと苦しいかな

というわけで今回は心臓のお話です。
心臓カテーテル関連のおもしろいニュースを見つけました。

「ステントは心臓発作を防がない!」

(ステントの説明リンク)
おおまかですが、訳してみます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
医師たちはステントで痛みの軽減とおそらく発作を防ぐのを期待している。
ステントは血流を増加させるかもしれないが、薬単独使用の場合でもステント+薬の併用の場合でも心臓発作等を防ぐ率は同じである。
これは本日American College of Cardiology conferenceで発表されたことである。

対象はアメリカおよびカナダの2200人以上の患者。
狭心症の胸痛をやや改善したが、OP後の寿命、心臓発作については統計的な差はなかった。さらに単独の薬使用と比較した胸痛の改善も5年間のみであった。

American College of Cardiologyのトップは言う。
発作も改善させないし、痛みを少し改善する程度。ステントを使う必要はないだろう。薬でうまくいかない場合や症状が生活の妨げになる場合のみの使用でいいだろう。またステントで発作を防げる理由はない。プラークは全体にあるのだから、次に血管が狭まるところが今ステントをいれたところとは限らない。

それでも一部の臨床医はこのニュースはそれほどのものでもないという。ステントはもともと症状を減らすためであり、寿命を延ばすためではないと・・。あるマイアミ大学の医師は、「私の観点では、血管形成術の発端(症状の軽減)が証明されたということ」とコメントした。しかし、彼はこの研究はステントの症例数を減らすと予想している。

心臓病の患者や心臓内科医よりもメーカーがこのニュースにより大きな影響を受けるだろう。Boston Scientific、 Johnson&Johnson とともに先月、その売り上げは低下している。

(中略)

治療は個々によって違うためにやはりその医師とよく話し合いがされるべきだろう。ただ、この研究によって数ヶ月間はまず薬物療法を選択しようとする患者が増えると予測される。

ちなみにアメリカ心臓学会のガイドラインではすでに「患者はステントやバイパスの前に薬物療法を行うべき」と記載されている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これがおおまかな訳です
でもあくまで素人の訳なので訳自体に責任は終えません・・。
このニュースが気になった人はどうぞリンク先のニュースを読んでくださいね。

今回は心カテ関連のニュースでした。


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。