プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ぶるっ~」ロサンゼルスでも冬は寒いです
鼻をかみすぎて赤くなってきています。
ということで思い出したブログネタはネーザルカニューラです。

さて、ある医師からの質問。
非再呼吸マスク(高濃度酸素を供給できる器具)で管理中の患者さんがいるんだけどさぁ、食事したいって言うし、マスク自体もどうも気にいらないみたいなんだけど、何かいい方法ある


さてどうしよう4択です。
1、我慢してもらう。
2、マスクをはずしSPO2が下がる前に早食い。
3、ネーザルカニューラ30L/min
4、ハイフローネーザルカニューラ

3を選ぶと鼻がメチャメチャ痛くなります
ここは4を選んでみましょう。

で、何これ

これはネーザルカニューレのシステムに加温加湿を加えて、ハイフロー(30L/min程度)を供給できるようにしたシステムです。

AuinOxVapothermなんて製品があります。他にもいくつかあるみたいですね。
(日本に今のところはない・・・はずです。)

この二つ、見た目は随分違いますが、結局は加温加湿したいだけです。

通常のネーザルカニューラをたくさん流すと鼻が痛くなるのは空気がカラカラだからなんですね。

このハイフローのシステムでは痛くありません。なんせ自分で試しましたので。

そしてさすがにこれだけのフローを鼻に流すと少しPEEPもかかるようですね。


さて使い道なんですが・・・
上の例のように食事したい時、マスクの受け入れが悪い時、非再呼吸マスクの代わりに。
あとは、BiPAPにいく前に試したり、まれにですがBiPAPの時よりもうまくいったなんてのも聞きます。

専門外になるのですが、新生児や小児分野ではより重宝されているようです。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。