プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早いものでもう年末です。
今年もまた大きな変化のあった年でした

さて、今回は前回少し出てきたPTP(pressure time product)に関してです。
実践できるかどうかは別として、面白い考え方なので、できるだけわかりやすく書いてみます。

これまで過去の記事で呼吸仕事量(WOB)に関して何度か書いてきました。
PTPもまた呼吸に必要な仕事を評価する一つの指標です。

「はい、吸って~」と息をする時、胸腔内圧が下がります。
ん?どのくらい深く下がったんだろう?
深く下げれば下げるほど大変そうです。

ん?どのくらいの時間下がったんだろう?
長く下げれば下げるほど大変そうです。

簡単に言ってしまえば、こういったことです。
どのくらい深く、そしてどのくらいの時間下がっていたか、これをグラフ化してその面積を計算したものがPTPです。

じゃあ、早速、胸腔内圧を測定しようか。
って現在は、胸腔内圧を直接測定できる方法がありません。
ですので食道内圧を測定して、胸腔内圧の代用とします。

その食道内圧のグラフィックがこちらです。
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、上から4番目のグラフでPesというのが食道内圧の波形です。
時々、へこんでいますよね?それは、吸気によって胸腔内圧が下がったことを示しています。
その吸気の際にへこんでいる面積がPTPなのですね。

じゃあ、食道内圧を測定しようか・
って実は、現時点では、日本においては測定する方法はありません。
海外ではそういった製品がでていますが、日本にはないです。
そういった意味で、今後でてくればより注目されるかもしれませんね。

<参考文献>
Intensivist 2012; 4: 779-787
スポンサーサイト
なるほど体は呼吸仕事量が少ない呼吸パターンを自然に選ぶんだ。
でも・・・ただの豆知識じゃん・・・ってそんなことないです。

ぜひ臨床現場で活用しましょう

例えば呼吸のアセスメントで・・・

「うん、この患者さん、少なくても頻呼吸はないから呼吸は大丈夫だね」

こんなコメントを聞いたことないですか
これって間違いですよね。
気道抵抗が上昇しているパターンの時は頻呼吸がなくても危険なことあります。

また逆に浅くて速い呼吸パターンを見た時は、一つのアセスメントとしてコンプライアンスが下がっている可能性を疑えますね。

他には、そうそうRSBI(Rapid Shallow Breathing Index)というウィーニング指標がありましたよね

呼吸回数÷一回換気量(単位はL)=RSBI
(例:RR 20回÷Vt 0.4L=RSBI 50)

という式で求めるのですが、この数値が低ければウィーニング成功率が高いよっていうやつですね。

比較的知られているウィーニング指標ですが、これって気道抵抗が上昇している呼吸パターンの時も見た目はいい数値がでてしまいますね。

数値は良かったから安心してたけど、気道抵抗が高かったみたいこともありえますね
みなさん、日々忙しいですよね?
同じ仕事をするならできれば効率よく仕事をしたいですよね。
実はこれって呼吸にとっても同じです
呼吸する時もできるだけ呼吸仕事量を少なくしたがるんです。

では、試しに分時換気量(MV)を上昇させようとすると時、わかりやすくするために多めに10L/min程度としてみますか。

みなさんはどうやってこのMVをかせぎますか

ですよね?
一回換気量か呼吸回数を増やしますね。どっちを増やしますか?
みなさんの肺はきれいですから別にどっちでもOKです。

では・・・
気道抵抗が上がっている時ってどっちを増やしますか
ではストローをくわえてMVをあげてみてください。

次はコンプライアンスが下がっている時ってどっちを増やしますか
チェストバンドをぎゅっと巻いて呼吸してみてください。
もしくは誰かにぎゅっと抱きしめてもらいましょう。
その状態でMVを上げてみてください。

おもしろいですよね?自然とこのようになります。
気道抵抗が上がっている時=一回換気量を増やす。
コンプライアンスが下がっている時=呼吸回数を増やす

体験できましたか?

なぜって
自然と呼吸仕事量の少ない方を行なうとするからですね。
試しに反対でやってみましょうか。
気道抵抗が上がっている時→呼吸回数を増やす。
コンプライアンスが下がっている時→ 一回換気量を増やす。
さっきより断然しんどいですね。
しんどいのは呼吸仕事量があがっているからです。

体は呼吸仕事量が少ない呼吸パターンを自然に選んでいるのですね。

※呼吸仕事量についての基本的な考え方は
PAV+について1(呼吸仕事量編)を参照してくださいね^^

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。