FC2ブログ

プロフィール

りょう

Author:りょう
職業:臨床工学技士、米国呼吸療法士

アメリカ留学中の私、りょうが米国呼吸療法士に関する情報を週に1回ぐらいのペースで綴ります。

詳しいプロフィールはこちらで。

ご意見、ご感想はいつでも歓迎です。こちらまでお気軽に。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床へ戻ります

お久しぶりですいません。。
ちょっとした理由があって更新が停滞しています。

報告なのですが、とうとう臨床現場へ戻ることにしました
相当悩みましたが、こちらを選びました。

え?なぜ悩むかって
実は、企業での仕事もいろんなことが学べ、成長できて、楽しいものなのです。
病院とは違うことが学べ、違う楽しさがあるのです。

それは例えば、客商売の大変さだったり、数多くの事務作業をこなすスキルだったり、マーケティングや会計的なことだったりもします。
もちろん、多くの壁にぶつかりましたが、その分多くの事を学べたので結果的に楽しめました。

それでも自分はどこに向かって何をしていたいか?を考えると、微力ながらも日本の医療に貢献したいし、よりアカデミックにいたい。それが、臨床に戻ることを決意させました。

さて、あと一週間ちょっとで新しい仕事が始まります
大幅に増築OPENの病院なので、まずは機器選定という大仕事があります。
自分の専門だけならいいけど、経験の少ない分野もありますからかなり大変そうです。
でも、これを通して今回もいろいろと新しい経験ができそうでワクワクなのです
スポンサーサイト

2回目のドイツ

先週、ドイツのボンに行ってきました

今回、初めて電車に乗ったのですが、そのシステムがわからなくて困った。。

チケット販売機もなんか複雑。その辺のドイツ人にいてもそっけないし、たまたま通りがかった日本人に助けてもらいました

さて、今回は研修+会議目的だったのですが、個人的に一番期待していたのはプーテンセン(Putensen)先生の講義。

プーテンセン先生だけでなく、一緒に働いている先生方の話も聞けました。

講義の正直な感想・・・難しかった

かなりのペースで進むし、ついていけないとこもありました。

コソ勉はしっかりしていったのですが、話がいろいろと広がってガティノーニせ(Gattinoni)先生やヒックリング(Hickling)先生の論文の話にまでいって・・・あ~、ちゃんと読んでおけばよかった。。反省です。

悔しいから読みます読んだらまたアップします。

しかもプーテンセン先生は忙しいようで「今から一人ECMOにのるんだよ~」って言いながら講義が終わったらちゃっちゃと帰ってしまった。

集中治療学会で日本に来るのでその時に質問攻めにさせてもらおうっと


今から東京へ戻ります
5日間の関西出張でした。

今回の関西出張のメインイベントは2つ

①あの自発呼吸アセスメントで有名なO先生の研修を受けること。
②某大学でCE学生への講義を行うこと。



実は、数日後に行われるO先生のセミナーのお手伝いをします。
そのための研修・・・・めっちゃ勉強になりました

以前に先生の講義を聞いた時に目から鱗でしたからね~。
ぜひ一度近くで教えを受けたいと思ってたので最高のチャンスでした。

患者さんの呼吸アセスメント、気道確保、バッグの揉み方。
これらに関して現場で、そして業務終了後に残ってのトレーニング。新しい発見が多かったです。
ありがとうございましたm(_ _)m


そしてその後は2つめのイベントである大学での講義

学生ということもあって「RTに関するアメリカ経験」と「人工呼吸の基本」をわかりやすさをモットーに話してきました。

やっぱり学生だから質問はないかな・・・
と思っていたけど、RTに興味を持つ学生から質問がきて良かったです

教授からも「人工呼吸については現場で学ぶけど、こういったアメリカでの経験の話はモチベーションUPにつながる。ぜひまた話して欲しい」とのコメント。

今回は大学2年生が対象でしたけど、来月あたり3年生に対して話すことになりそうです。

で、最後は兵庫県のCEの方たちとおいしい焼肉を食べてしめましたバラがおいしかったなぁ~。


新しい就職先

「えっっ

意外な選択のようで驚かれます。

さて、質問
帰国後のりょうは就職先どこでしょうか?(笑)

1、関東の某病院
2、やっぱりアメリカに戻る。
3、某人工呼吸器メーカー
4、トヨタ


はい。正解。トヨタです。
ってそんなわけないですね
実はとても魅力的な病院にいけるチャンスもあったのですが、今回はあえて某人工呼吸器のメーカーを選びました。

「せっかくアメリカまで行ったのにもったいない~。」
なんて思わないで下さい。

実は正直かなり迷いました。
そういった時は原点に戻る。
私の目指すものは
「日本の呼吸管理を良くしていくこと。」

そのメーカーには世界の最新情報を入手できる経路があり、全国のネットワークもある。

ということは、世界の最新の情報を一部の詳しい人だけでなく、誰もが理解できるわかりやすい言葉で全国に広げることができる可能性がある。
ということなのです。

正直いうと、現在は病院と企業の違いにとまどっています。
こんなことしたくないと思った仕事ももうすでにあります。

でも最新の情報網とネットワーク・・・これには大きな可能性がある
そして今まで経験がなかった企業から学べることも多いはずなのです。

どこまでできるわかりませんが、できる限り挑戦してみます
どうか暖かく見守って・・・・いえ、一緒にどんどん参加してください



早速、明後日から一週間ドイツへ研修に行きます。
帰ってからはあの有名なラフマン先生と関東および関西の病院をまわります。

ラフマン先生の講義はまだ聞いたことありませんが、凄まじいようです。
まだ席はあるかもしれません。
ぜひこのチャンスになんとか講義を聴いてみて下さい。
考え方が変わります
「うん、やってみよう

突然ですが、メルマガを発行することにしました

一応、このブログでは日本の教科書には載ってないようなことをせっせと探して書いていってます。

メルマガでは教科書には載ってるけど、「わかりにくいなぁ~」ってことをわかりやすく書いていく予定です。

だからぶっちゃけ、人工呼吸管理をすでにかな~り学んで経験している人には「簡単過ぎ」って言われます。はい。

少し学んだくらいか、学び始めの新人さんでも無料レポート「人工呼吸器って!?入門編」を呼んだ後ならちょうどいいかな。

まとめるとこんな感じ
-------------------------------------------------------
無料レポート「人工呼吸器って!?入門編」――入門~初級
メルマガ「人工呼吸器って!?メルマガ編」――初級~中級
米国呼吸療法士blog―――――――――――――中級~上級
-------------------------------------------------------
できるだけ多くの人に情報提供しようと思ったらこうなりました。ややこしいけどよろしくです

「人工呼吸器って!?メルマガ編」はこちらから登録




あっ、そうそう人工呼吸器のシュミレーターがネット上にあるの知ってましたか

やっぱり実際に触った方がいいです・・・が、なかなかその機会がない場合やその機種がない場合は結構参考になります

EvitaこちらからEvita trainer USA version(smallかlargeを選ぶ)をダウンロード。
ハミルトン- G5こちらから画面中央写真下のstart simulation をクリック。


私の知っているのはこの二つぐらいですけど結構楽しんでます
servo (サーボ)やPB-840でもありそうですけどね~。。
誰か知ってる人いたら教えてください

シュミレーターがあれば波形の話もできそうですね

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。